日本とカナダの 国交樹立から90周年 日加修好90周年記念祝賀会 開催

過去を振り返り、さらなる関係深化を願って・・・


 2018年と2019年は日本とカナダにとって特別な年だ。1928年7月20日に日本がオタワに日本公使館を開設、翌1929年にはカナダも東京に公使館を開設したことから今年と来年は日加修好90周年が祝われる。

 そして日本側から見た日加修好90周年となる2018年7月20日の朝にはにはクイーンズパークで日本国旗の掲揚式が、夜には日系文化会館(JCCC)にて日加修好90周年を祝う会が開催された。

400名以上が駆け付け盛大に開催された
日加修好90周年記念祝賀会

鏡割りの様子

 日加修好90周年祝賀会では当日約400名もの方が駆け付け、会場の入り口では伊藤恭子・在トロント日本国総領事とご主人のクロード氏が出席者一人一人に歓迎の挨拶を行った。祝賀会は先日催された夏祭りで改名が発表され、JCCC太鼓を前身に持つ「響和」が『大地の祭り』を披露した。その力強いパフォーマンスには大きな拍手が沸き、日本らしい幕開けを飾った。

響和の迫力満点なパフォーマンス

「両国はより強固なパートナーシップで共有する価値観を守っていく必要がある」

 祝賀会のホストである伊藤総領事は登壇すると、90周年の祝賀会が開催できたのは日本人、、カナダ人、一人一人がこの関係に貢献を行ってきたからだと述べた。

「日加の国交が正式に始まったのは1928年7月20日だったものの、実はその50年前にはカナダ人が日本の地に降り立っていました。江戸時代末期に北海道に降り立った若いカナダ人男性は英語教師として日本で英語の通訳ができる人材を育てたといわれます。一方、日本からカナダへの最初の移民は永野万蔵氏であり、1877年にブリティッシュ・コロンビア州のニューウェストミンスターで船を降りました。当時カナダへと渡った日本人は漁業や鉱山業、林業などに関わっていました。当時も今と変わらず、日本は狭い国土の中にある限られた資源を多くの人が分け合って住んでいる国です。渡加した日本人たちは広大な大地と資源に恵まれ、人口も日本と比べて少ないカナダに家族や友人を招いていた歴史があります。

 そのような歴史の中では勿論両国の関係が難しい時期もありました。日加が国交を正式に樹立した翌年には世界恐慌が始まり、国々はブロック経済と称して自国通貨と産業の保護に努めました。日系カナダ人は差別に苦しみ、第二次世界大戦が始まると強制収容所へと送られました。しかし、私たちは過去から失敗を学び、和解し、1951年に日本は国際舞台に復帰し、日加関係は新たなスタートを切りました。」と過去を振り返った。

 さらに、「日本は諸外国からの力を借り、平和を愛する民主主義国家として生まれ変わることが出来たのです。今では日本は最先端技術を有し、世界で第三位の経済大国として自由公開市場を世界に広める役割を持ち、戦後に学んだことを後進国の発展に活かしています。

 1950年前半には日本企業はカナダとの貿易を再開し、今日ではカナダにとって5番目の輸入先、そして4番目の輸出先となっています。昨年には300億ドルの貿易額があり、その内の半分はオンタリオ州からのものとなっています。

 これからも政府だけでなく民間での日加の交流が発展していくためにも在トロント日本国総領事館はカケハシプロジェクトやJETプログラムを通じてカナダの若者が日本への理解を深められるような活動を行っていきたいと考えています。」と抱負を述べた。

 最後に、日本とカナダは民主主義などの重要な価値観を共有しているパートナーであると伊藤総領事は語る。「世界ではこうした価値観を壊そうとする動きもあり、両国はより強固なパートナーシップを結び、この価値を守る必要があります。カナダが日本という国がカナダだけでなく世界をより良い場所としていくための重要なパートナーとしてこれからも見てくれることを願っています。」と挨拶を締めくくった。

「JCCCはカナダにとって宝のような存在」

 続いて国会議員であり、カナダ日本国会議員連盟のメンバーでもあるヤスミン・ラタンシー氏がステージへ上がった。ラタンシー氏は自らの選挙区でもあるドンバリー・イーストに日系文化会館があることはとても喜ばしく、その存在はまさにカナダにとって宝のようなものだと語り、JCCCとその創設メンバーへの感謝を述べた。

「日加修好90周年を祝うことはとても重要なマイルストーンであり、これからもこの関係を発展させ、一人一人が日本はカナダと共通の価値観を持つ友であることを知る必要があります。」と述べ、日加は共通の価値観を持ち、固い絆で結ばれており、これからも両国が世界で平和と民主主義を広めていくことに期待するというトルドー首相のメッセージを読み上げた。

 ミシサガ市のボニー・クロンビー市長も壇上に上がり、スピーチを行った。その中で市長は、「ミシサガ市に数多くの日系企業が居を構え、市の多様性に大きく貢献しています。さらに、愛知県刈谷市がミシサガ市唯一の姉妹都市であることから日加90周年には特別な思いがあり、ミシサガ市でも市が主催して日加修好90周年祝賀レセプションを開催しました。この機会をただ祝うのではなく、将来を見据える機会にしてほしいです。」と期待を寄せた。

 また当日は、ミシサガ市前市長 ヘーゼル・マカリオン氏が訪れたほか、マーカムのフランク・スカルピティ市長やウッドストックのトレバー・バーチ市長らが壇上へ上がり鏡割りも行われた。掛け声と共に木槌が振り下ろされると会場からは拍手や歓声が沸き、日加修好90周年を人々が喜ぶ様子が伺えた。

会場の様子

(お名前の順は全て写真左から)1 江川泰三郎さん、ジョニー・タンさん 2 ラシュトン美紀さん、ジェームズ・ヘロンさん

3 久保恵一さん、安福和弘さん 4 アン・マリー・木村さん、木村重男さんご夫妻

5 山本宗一郎さん・順子さんご夫妻、小澤健宏さん・寿美子さんご夫妻 6 ジェームス松本さん、フランク・スカルピティ・マーカム市長、チャコ瀬戸山さん

7 ユキ・アサさん、浜場真喜子さん、浜場明仁さん、ロイ・アサさん、仲順也さん、仲昌美さん

8 クリス・ホープさん、ポール・メオさん、嶋本 誠司さん 9 寺田健志さん、中村善紀さん

10 服部江理子さん、色本のり子さん、チャコ瀬戸山さん、ジェームス松本さん、ヘレン・ヤマカワさん 11 横田真之さん、遠山達也さん、一井誠二さん

12 永井さん、一輝くん、亜実ちゃん、あいさんご家族 13 マーク橋本さん、齋藤雅広さん、清水優子さん、加藤豊紀さん

14 高畠晶さん、増田利加さん 15 藤田米造さん、中山あつ子さん、浜場真喜子さん、中山道生さん、宮下清子さん

16 中村善紀さん、満木貴広さん 17 神谷浩さん、斉藤芳孝さん

18 乾杯の挨拶を行ったフランク・スカルピティ マーカム市長 
19 ヤスミン・ラタンシー氏

20 伊藤恭子総領事 21 ミシサガ市ボニー・クロンビー市長

22 ウッドストックのトレバー・バーチ市長、伊藤恭子総領事 23 キャサリン・スーさん、トレバー・バーチ ウッドストック市長

24 カシフ・カーンさん、モハメド・ジョウハル スリランカ総領事、ハルーン・カーンさん 25 ソリーナ・オペラさん、ヘーゼル・マカリオンさん、ジョージ・オペラ モルドバ名誉領事

26 握手を交わす伊藤恭子総領事とボニー・クロンビー ミシサガ市長 27 トルドー首相のメッセージを受け取った伊藤恭子総領事

“Japan, Canada, and Me”
90周年記念写真コンテスト表彰式

 当日は“Japan, Canada, and Me”と題した90周年記念写真コンテストの表彰式も行われた。数多くの写真が寄せられ、厳正な審査の結果受賞作品が決まり、会場では映し出された写真に拍手が贈られた。受賞者たちには賞に応じてCanonのカメラやMUJIのアロマディフューザー、エアカナダの東京-トロント往復航空券などが贈呈された。受賞作品はJCCCに期間限定で展示されるため、是非足を運んでいただきたい。

 日本とカナダがこれまで共に歩んできた90年という道のりは両国にとって楽なことばかりではなかった。だからこそこの節目の年に過去に起きたことを振り返り、私達一人一人がその関係深化のために何ができるかを考え、両国が友であり続けることに貢献していくことに期待したい。

ミシサガ市前市長 ヘーゼル・マカリオン氏

「ミシサガ市の姉妹都市を刈谷市に決定したことが今でも誇り」

 日本とカナダの絆はとても平和且つわくわくさせてくれるような特別なものだと思います。ミシサガ市の市長を務めていた時にミシサガ市の姉妹都市を私が探し、最終的に刈谷市に決定したことを今でもとても誇りに思います。姉妹都市協定を結ぶ際、刈谷市の代表には女性が一人もいませんでした。ですが今日は伊藤恭子総領事というトロントでは初の女性総領事が誕生し、伝統的な日本が前に進んでいる姿をこの目で見ることができてとても嬉しく思います。クロンビー・ミシサガ市長も日本とミシサガ市の関係を発展させていくために素晴らしい活躍をされ、毎年市民がそれぞれ派遣され、それぞれの市名が付いた公園もできました。これからも両国の素晴らしい絆が発展していくことに期待をしています。

Air Canada マーク橋本氏 コメント

「受賞作品たちは日本とカナダを繋ぐ1枚」

 90周年記念のコンテストですが、素晴らしい写真コンテストになったのではないでしょうか。とてもクリエイティブな作品が多く、選ぶのは難しかったのですが“Japan, Canada, and Me”というテーマに一番合っている写真を選べたことがとても嬉しいです。大賞を受賞し、往復航空券を獲得した作品はまさに日本とカナダを繋ぐ一枚となっていると思います。Air Canadaとしてもこれからもカナダと日本を繋いでいくためにたくさん飛行機を飛ばしていきたいと思っています。

大賞受賞者 ポーウィス・オバさん

「彼女から妻へ、自身も日加の架け橋となれた一枚」

 まさか大賞を受賞できると思っていなかったので、とても緊張しましたが嬉しい気持ちでいっぱいです。私が撮った一枚は京都の二条城に行き、カナダから来た友人と当時は彼女だった妻が映っている1枚です。ちょうど桜が満開になる前の時季に撮影できたのでとても運が良かったです。友人は初めて着る着物にとても舞い上がっていたのをよく覚えています。当時は彼女だった妻と私の関係もこの後、夫婦と言うステージに移り、まさにこのテーマにピッタリの一枚となったように思います。賞品としていただいた往復航空券は、夫婦で日本にいる友人や家族を尋ねたいですね。

Canonカナダ 江川泰三郎社長 コメント

「個性的で選ぶのが楽しかったフォトコンテスト」

左:一般の部1位を獲得したYuko Itakuraさん 右:Yuko Itakuraさんの作品

左:マヤさんの作品 右:18歳未満の部 1位を受賞したマヤ・スナイダーさん

 日加修好90周年記念の“Japan, Canada, and Me”フォトコンテストの応募作品にはとても楽しませていただきました。やはり若い方の応募作品がとても個性的で、選ぶのは難しかったですが楽しい時間を過ごさせていただきました。18歳未満の部で1位を獲得した作品は紙や綿、ビーズで作られたお寿司の一枚でしたが、とても独創的だったことが印象に残っています。また、一般の部で1位を獲得した1枚は親子の親密感と背景の桜が日加の親密感を象徴しているようでとても素敵な1枚でした。

1 一般の部で審査員賞を受賞したYasushi Takeiさん 2 18歳以下の部3位を受賞した永井一輝くん

3 TORJA賞を受賞した建部早枝子さん 4 一般の部で2位を受賞したYasushi Hirataさん

5 審査員賞を受賞しタラ・ウェブスターさん 6 審査員賞を受賞したステファニー・チャンさん

7 一般の部で審査員賞を受賞したサンドラ・ラッチャムさん 8 一般の部で審査員賞を受賞した永井あいさん