日本のホラーは人気?

こんにちは。トロントのヨーク大学に交換留学中のEriです。
初の編集部ブログとなります!よろしくお願いいたします!

先日Filmの授業で、Asian Horrorについて学ぶという機会がありました。
まず、カナダの大学で主に日本のホラー映画を中心に3時間の講義があることに驚きと、嬉しさがありました!
ブリティッシュコロンビア大学で日本のホラーについて研究している教授がわざわざヨーク大学に来て講義をしてくれたのですが、その内容で少し面白かったところを共有したいと思います。
まず、日本のホラーのイメージって、

これですよね?そうです、貞子です。
日本のホラーって、雪女とか妖怪から始まったって言われているのですが、よくよく考えてみたら、主に女性が主人公のものが多いですよね。
それは、Revenge of the socially oppressed(社会的抑圧からの復讐)から来ているのではないか。と指摘されていました。これは、学問的な視点から考えないと、思いつかないですね。面白い!

そして、教授は日本のホラーと海外のホラーを比較して、
「日本のホラーは普通のアパートの一室が舞台になる。海外では考えられない。」
とおっしゃっていました。
確かに、エレベーターとか、トイレとか、みんな必ず日常的に使うところを舞台に作られるホラーが多いので、リアリティーが高い!だから、もっと怖い!
日本と海外のホラーを比較してみて、初めて気づいたこと、面白いですね。

私はこの記事を書くために、「貞子」「呪怨」とネットで検索して、画像を引っ張ってきたのですが、もう、今夜は寝られなくなりそうです!!!笑