日系文化会館武道部門「JCCC合気会」創設50周年記念

 日系文化会館武道部門の「JCCC合気会」は、今年9月21日に創設50周年記念を迎えた。伊藤恭子・在トロント日本国総領事、ジェームス・ヘロン日系文化会館館長のご臨席を賜り、英国、ベルギー、シンガポール、米国、日本の五カ国からの師範や武道家により盛大に研鑽会が小林ホールにて開催された。

 「JCCC合気会」は1969年北九州出身の合気道家、矢頭正典先生(現83歳)により創設された。その後松井浄先生、そして、故越智健二先生、小幡宰師範へと引き継がれ、現在、道場長をポール孫指導員六段に継承された。

 参加した100余名の合気道家達は、大人と子供も含め其々が演武や稽古を通して合氣道を学び、国際色豊かな仲間達と友情の交流を温めた。また、日系文化会館、日系社会、カナダ社会の皆様からスポンサーのご支援を頂いた。この場をお借りして厚く御礼申し上げたい。

 合気道は試合や競技がなく腕力を必要とせず円の流れに沿う武道で老若男女、誰でも気軽に稽古を親しむことができる。稽古時間は夕刻、早朝、子供と女子専用のクラスがあり幅広く参加出来る。合気道に興味を持たれた方は、日系文化会館受付にお問合せください。

電話: 416-441-2345
ホームページwww.jcccaikikai.ca

寄稿=合気会顧問・市田嘉彦