JCCCお正月会

読者の皆様こんにちは。
先日、JCCC(日系文化会館)で開催されたお正月会にボランティアとして参加させていただきました。お正月会ということで、会場には巫女服を着た方や獅子舞など、日本の伝統をふんだんに取り入れたものになっていました。私は書初めブースを担当していましたが、そこにもおよそ100人の方々が来てくださり、短い時間ではありましたがとても忙しくしておりました。
私がトロントに来てから、既に何度もJCCCでボランティアをしております。こう何度も参加していると、人見知りギネス記録保持者の私でもさすがに顔見知りは増えました。
日本人や日系人も多いですが、それ以外の方も皆さん日本に興味や理解のある方々ばかりで、とても話しやすいです。是非一度参加されてみてはいかがでしょうか?

ところで、先述の獅子舞について、調べてみると面白いことがわかりました。獅子と聞くとライオンをイメージするかと思いますが、実は昔は「シシ」というのは主に猪や鹿などのことを指していたようです。(諸説あり)
たしかに言われてみれば、某ジブリ映画にシシガミ様も鹿のような姿をしていますよね。まぁ私は乙事主様が好きですが。

閑話休題

今回の実行委員長の方に話を伺ってみると、このようなイベントごとはだいたい2か月くらい前から準備をしているそうです。今年の盛況ぶりからすると、この2か月間の努力は報われたのではないでしょうか。こういうイベントごとは、みんなが楽しく参加できるのがいいですね。
私がボランティアで教えている日本語学校の生徒も来ていました。こうしてみると、とても賑わっていて日本コミュニティが小さいとはまるで感じさせません。このような活動が、どんどん輪を広げていくことに繋がればいいですね。

さて、私が参加していた書初めブースでは、様々な言葉を書にしたためていました。参加者は日本人とカナダ人半々といったところでしょうか。字というのは個性が出ますね。私も半紙やら硯(すずり)やらを久々に耳にしました。
私も何か書いておけばよかったです。

皆さんが今、改めて書いてみたい言葉は何ですか?

紙風船で遊ぶ子ども。腕前はプロ級。

獅子舞。たしかにライオンではない。

書初めている子どもたちと先生方