日本帰国後の就職を考える「トロントで活躍する女性スペシャル」トークセッションが開催

次回は2月5日、〝日本企業から海外キャリアスペシャル〟と題し日本の大手企業のカナダ法人に勤務するビジネスマンが登壇!

予約はこちらからhttps://goo.gl/n1tUok

昨年12月15日に帰国キャリアドットコム主催によるキャリアにプラスになるトークセッション、キャリプラトークの第4回目のセミナーが開催された。

当日は、現在トロントでネイリストとして起業し自身のネイルサロン「From M -Tokyo-」のオーナーであるMarikaさんと、三児の母でありながら不動産仲介エージェントとして活躍するMikiさんを招き、女性のキャリアの築き方について、トークセッションが行われた。

1 起業までの道のりを語るMarikaさん 2 女性のキャリアについて十数人が参加


パネラーの一人であるMikiさんは、「子育て、家庭、そしてキャリアをこなしていくということはとても難しいですが、できないことはありません。家庭や子育ての部分というのは女性の本能的な点も大きく、自然とできる一方で、仕事に対しては〝ずっと働き続けていきたい〟という意識を常に持っていないと挫けがちになってしまいます。

〝こういうキャリアを積みたい〟という目的意識がはっきりしていけば、カナダでは様々なサポートが提供されているので、そこから助けを得ることもできます。まずは自分がどこまでキャリアを作っていきたいかの設定をすることを是非考えていただければと思います。

実際に結婚し、家庭を持つまでわからないこともあるでしょうし、大変なことも多いとは思いますが、それらをこなしながらキャリアを形成していくことは可能ですので、これから社会に出る皆さんには諦めずに、周りのサポートを活用しながら頑張っていただきたいです。」とメッセージを送った。

3 個別質問に丁寧に答えるMikiさん 4 一人一人にアドバイスを送る岩渕社長 5 トークセッションの後は懇親会が催された


今回の女性スペシャル・トークセッションを振り返り、主催者の岩渕社長は、「今回で第4回目となるセミナーですが、スピーカーの方々が素晴らしい内容を参加者に共有してくださり、とても満足した内容になりました。今回は女性にフォーカスしたセミナーだったのですが、最近は女性留学生が多いことや日本政府も女性の働き方改革を積極的に推進しているのでとてもタイムリーなテーマになったように感じます。

今回は懇親会を設けたことで、パネラーの方や留学生同士で有意義なコミュニケーションを取っていただけたのではないでしょうか。プロである私達が提供できる情報量やクオリティが高いことは間違いないので、まだ参加されたことの無い方は実際に来ていただき、情報を集めた上で就職の判断をしていただければ嬉しいです。」と語ってくれた。

参加者VOICE

設楽さん

“不安が共有でき、情報も得られるキャリプラトークが道しるべになってくれています”

子育てと仕事の両立ということに興味がありました。私もキャリアを維持しながら家庭も大切にしたいという思いを持っていましたので、パネラーの方々のお話を聞くことで自信を持つことができました。また、一度日本に戻ってキャリアを積んでからもう一度海外で働くことにチャレンジすることも可能なのだということに励まされ、自分の中での選択肢が広がったように思います。

私と同じ時期に休学して留学をした友人が帰国してから就活に成功しているのですが、彼女らに話を聞くと、前々から準備をしていたとのことだったのです。この準備の部分がわからないからこそセミナーに参加するまでは不安を抱えていたのですが、不安が共有でき、情報も得られるこのセミナーが道しるべになってくれているように感じています。

マイさん

“未来を信じて行動してきた姿がとても眩しく感じました”

トロントに来て 、資格があるいうことは重要かなと感じていました。私自身、ファッション編集者など様々な職業に興味を持っていますが、自信が持てずにいました。

今日、話を聞いて、未来を信じて行動してきた姿がとても眩しく感じました。私はまだこれというもの1つに絞ることができず、どうやって頑張っていけばいいかもわからない状態なのですが、懇親会でパネラーの方が親身になって相談に乗ってくださり、今は不安を抱えていても、焦らず芯になる部分を決めて目標に向かっていけば良いのだという気持ちになれました。

加藤さん

“就活だけでなく人生のヒントを得ることができました”

WHビザに切り替え、色々試して自分に合うことを見つけるか、何か1つのことにフォーカスするかと迷いがありましたが、今日のセミナーに参加したことで、パネラーの方々からは英語プラス“何か”が必要というお話があり、私は今まで真剣にやってきたバスケ以外のプラスをこれから見つけていく必要があることがよくわかりました。

これから色々挑戦することでプラスを見つけていこうという選択に自信が持て、人生のヒントも得られたので来てよかったと思います。