マインドマップ/ 就活に打ち勝つ!ワーホリ・留学生のための「帰国キャリア」【第8回】

あっという間に2018年も1ヶ月が過ぎました!寒い日が続いているので、家で過ごすことも多くなっているのではないでしょうか?

今回はお家でゆっくりできる思考の整理術をご紹介します。

みなさんマインドマップは聞いたことがありますか?中心にテーマを書いてそこから連想される内容を放射状に書いていき、頭の中を俯瞰視する(思考の整理をする)方法です。

マインドマップはトニー・ブザン(Tony Buzan)が提唱した思考・発想法の一つで、正しく書こうとするとかなり時間がかかるので、正しい書き方は一旦置いておいて、自分の頭のなかの情報を整理するということにのみフォーカスして作成していましょう。

中心はMy Careerとして、1つ目のブランチに留学やこれまでやってきたこと(仕事や学業など)、挑戦したいことを連想ゲーム的にどんどんキーワードとしてつなげていきます。


そこから更に深く考えていきたい物をピックアップし、そのキーワードを中心にしてまた同じように書いていきます。

例えば「」を中心に、目的・やってきたこと・やっていきたいことなどをまとめるのもOK!

これを先にやっておくと、実際に企業の面接対策の時に留学時何をしてきたのか、自分がどうなりたいのかを思い出しやすくなりますよ。

引きこもりがちなこの時期だからこそ、頭の体操がてらTRYしてみてくださいね。


帰国キャリアドットコム

篠山 美季(Miki Sasayama) Facebook: @kikokuconsulting
新卒で入社した会社ではコワーキングスペースの運営責任者として、スタートアップのビジネスマッチングや次世代の働き方のセミナーなどのイベントを数多く実施。その後、ITベンチャーの人事として入社し、採用と組織改革を行い、現在はその経験を活かし帰国者の就活の支援を行っている。