留学・ワーホリで自分を好きになる。〜自信を持てるように過ごす方法〜|就活に打ち勝つ!ワーホリ・留学生のための「帰国キャリア」【第12回】

・ワーホリで自分を好きになる。〜自信を持てるように過ごす方法〜」

 晴れているというだけで気分も上がる、ステキな季節になりました。これまで就活How Toのお話が多かったので、今回はもう少しカナダでの生活にフォーカスしたお話をしたいと思います。

 さて、皆さんはトロントに来てから「日本ではやっていなかった新しいこと」をしていますか?留学・ワーホリに来ているのだから英語の勉強は当たり前なので、一旦省いてください。それ以外で何かないか、一度頭に浮かべてください。

 もし何も浮かんでこなかったら、日本にいたらやってなかっただろうな〜ということを何かスタートさせてみましょう。

 ・ボランティア
 ・読書
 ・プログラミング
 ・演劇
 ・ヨガ・ランニング・サッカーなどなど

 新しい事を始めるというのは一見、就職活動に何も関係ないように思えますが、必要なのは【一歩踏み出した経験】と【新しい経験の数】です。日本では出会えなかった自分にどんどん出会っていくことで、自分の新しい可能性に気づくことももちろんですが、それ以上に何歳になってもチャレンジできるという自信につながります。

 私が人事をしていた時、「面接での第一印象は?」という評価項目がありました。複数の項目のうちの一つではありますが、第一印象が面接結果に与える影響は非常に大きいです。

 もし日本にいた時に自分に自信が持てなかったのあれば、なおさら何か新しいことをはじめてください。そうすることにより、私はなんだってチャレンジできるんだという自信が面接でにじみ出るのです。その自信が笑顔として現れ、面接での第一印象がぐっと上がります。

 学校・仕事・自宅だけではもったいない!旅の恥はかき捨て!せっかく海外に来たのだから思いっきりチャレンジしましょう。


帰国キャリアドットコム

篠山 美季(Miki Sasayama) Facebook: @kikokuconsulting
新卒で入社した会社ではコワーキングスペースの運営責任者として、スタートアップのビジネスマッチングや次世代の働き方のセミナーなどのイベントを数多く実施。その後、ITベンチャーの人事として入社し、採用と組織改革を行い、現在はその経験を活かし帰国者の就活の支援を行っている。