夏にぜひ行きたい、ニューファンドランド|CANADA発 近鉄ツアープランナーのここだけの話 その67

 もうすぐ夏ですね~…まだまだ先、なんて思っていませんか?いいえ、すぐそこですよ!待ち遠しかった春が始まると、突然やってくるのがカナダの夏っ!!

 世界の様々な都市と比べると、トロントの夏は決して厳しいものではありませんが、やはり暑いですよね。そこで今回は「夏にぜひ行きたい、」についてお話したいと思います。

 カナダで最も東側に位置しているニューファンドランド。カナダで初めに1日が始まるところとも言えます。トロントから飛行機で約3時間。ニューファンドランド島にある、州の州都、セント・ジョンズに到着します。皆さんも必ず1度はお写真で見たことのある、カラフルなおうちが並ぶ霧深い街です。大自然との調和が素晴らしいカナダの中でも、フォトジェニックな街のうちのひとつと言えると思います。

 ちなみにこの街にはトランス・・ハイウェイの東の始発点、マイルゼロがあります。
 ここには、アングロサクソン、アイルランド、フランス、先住民など、さまざまな人種の子孫が暮らしているそう。地元の人々の話す英語は少し訛りがあり、言葉の使い方も少し違いがあります。国内旅行ですが、なんだか国外旅行をしている気分に浸れること間違いなしです!トロントにいる時より、もしもうまく会話が成立しなくても、それもまた楽しい思い出になります。「結局人間、言葉じゃないよね~」なんて体験ができるかもしれませんよ♪


 島の西北部、ノーザン半島には「ランス・オー・メドー」という遺跡もあります。ここにはその昔、バイキングが住んでいたとか!その他ハイキング、釣り(ここはタラで有名です)、氷山を見に行くなど、アクティビティも盛りだくさん。レンタカーで島中をまわると楽しいですよ。

 さて、ここでもうひとつ!皆さんにどうしてもご紹介しておきたいものがあります。先月のTORJAでカナダ国内の絶景レストランが紹介されていましたが、その中のひとつ「FOGO」を覚えていらっしゃいますか?ニューファンドランド島の東北、少し離れたところに浮かぶフォーゴ島という島にあるこのレストランは、宿泊施設の中に併設された絶景レストランです。宿泊施設はリラックスできるリゾートタイプのものでFogo island innというホテルですが、これまたおしゃれな外観です。大自然の中、人工的な角のある建物はまるでモダンアートのよう。大きな窓から夜に漏れるあたたかな暖色のライトも素敵で、もうとにかく泊まってみたい!と思ってしまいますよね~。

 フォーゴ島へは、ニューファンドランド島から飛行機または、フェリーで行くことができます。ニューファンドランド島へはトロントから1日1便、夜に出発ですが直行便があります!優雅な週末を、のんびりと過ごすためにニューファンドランド島へひとっ飛び…なんてこともできないわけではありませんよ~。日本からお出かけするには時間とお金を要する島ですが、せっかくトロントにいるなら、ぜひ1度は行くべき場所のひとつ、それがニューファンドランドではないでしょうか。私見ですが、おそらく寒い冬に訪れるよりもきっと夏の方が…。夏のお出かけ先としてぜひ覚えておいてくださいね!


近鉄日本ツーリスト カナダ法人 KINTETSU INTERNATIONAL EXPRESS (CANADA) INC.
HP: www.kiecan.com
Tel: (905) 670-8710 Fax: (905) 670-2238
Address: 1450 Meyerside Drive, Suite 305, Mississauga, Ontario CANADA L5T 2N5