まるで映画の主役になれる街、ニューヨークへ

こんにちは、トロントで留学、ワーホリ中のNaoyaです。先日、夢のニューヨークシティーに旅行に行ってきました。たった数日ですが、ニューヨークに滞在してみて感じたトロントとの違いをシェアしたいと思います。

タイムズスクエア

1.人種

やはりトロントの方が、モザイク国家というだけあって、様々な人種が共生しているように感じました。ニューヨークも移民やビジネスのために他国から来ている人が多いですが、トロントほどではないと思います。
街を歩いても、アジア人の比率はニューヨークの方が少なく感じられました。

ニューヨークの街並み

2.街の規模

ニューヨークというだけあり、やはり大都市でした。トロントが可愛く感じられるぐらい、ビルが高く、密集しており、世界の中心にいるようなそんな気分になる街。

夜のニューヨーク

3.治安

友達と行ったのですが、ツーリストトラップと呼ばれる旅行者に対する詐欺が多くみられました。特にタイムズスクエアやブルックリンブリッジといった有名な場所ではよく目にしたので、旅行に行く方は注意。ただ知っていれば何の問題もないので、行く前に要チェックしてくださいね。
他には特に危険なことは目に付きませんでした。トロントに住んでおり、トロントから行く人にとっては行きやすい街だと思います。

ハンバーガー

4.物価

トロントより高めです。1ドルの価値が異なるので、ドルで見ればあまり大差なく見られますが、日本円にした時にやはり高い。

メトロカード

5.交通機関

地下鉄はトロントの方がきれいでしたが、映画のワンシーンの一部になった気分になれる地下鉄。TTCのように目立った遅れはありませんでしたが、電車内は少し狭く感じました。カードはMETROカードという、トロントのPRESTO、日本のスイカやイコカのようなものがありますが、スワイプ式で反応も悪く、大都市ニューヨークには似合わないものでした。旅行に行く方は1週間33ドルで乗り放題のパスがあるのでおすすめ。

ブルックリンからのマンハッタンブリッジ

今回は格安長距離バスのMegabusを利用。深夜にトロントを出て、翌日のお昼ごろに現地に到着しました。およそ12時間かかりましたが、座席は思ったより広く、途中で何度か休憩をはさむので、かなり快適でした。ニューヨークに近いトロントだからできる特権を活用して、トロントにいる方は是非行ってみることをおすすめします。世界最大規模の都市には刺激だらけで、少し僕には疲れましたが、忘れられない体験になるはず。ではまた!