Immigration law is all about someone’s life 38回

Express Entry動向

ご存知の通りCitizenship and Immigration Canada (“CIC”) は2015年1月1日より個人移民申請のための新たなプログラムである、Express Entryを導入しました。このプログラムが発足して既に4ヶ月が経とうとしています。今回はこのプログラムの流れ、ならびに過去数ヶ月間の傾向についてお話致します。

■Express Entryとは?

今年に入ってからお客様とお話していると、Express Entryについてまだご存知でない方が沢山いらっしゃることに気がつきました。「Canadian Experience Classで移民申請できる条件を満たしていると思うのですが」というようなご相談が多く、まずはExpress Entryについてご理解していらっしゃるか伺ってみると驚くことにその存在を知らない方がほとんどでした。今後個人移民申請をしようと思っていらっしゃる方、またこれから個人移民を目指そうとしていらっしゃる方にとってExpress Entryの仕組みを充分に理解することはとても大事なこととお考え下さい。

Express Entryは、Federal Skilled Worker Program、Federal Skilled Trades Program、Canadian Experience Class、そして一部のProvincial Nominee Program申請を以前よりも効率良く行う為に作られたプログラムです。まずオンラインにて申請者のプロフィールを作成し、就労経験、学歴、語学力などの情報を登録します。申請者のバックグラウンドによってExpress Entryの点数が計算され、合計点が判明します。またシステムが自動的に個人移民のいずれかのカテゴリーの申請条件を満たしているかということを判断し、満たしている場合には移民候補者リストに追加されます。CICはランダムに選考を行い、候補者リストの中からExpress Entry合計点の高い人よりInvitation To Apply (“ITA”) が送られます。ITA、すなわち招待状をCICより受領して初めて、60日間以内に移民申請をすることが許されるというシステムです。従って以前のように「個人移民のカテゴリーの申請条件を満たしてさえいれば移民申請ができる」という仕組みではなくなりました。

■ITA発行数・頻度

3月中旬時点までの間に行われた選考は合計4回です。それぞれの日付、Express Entry必要最低点、ITA発行数をご案内します。

1回目: 1月31日、886点、779件
2回目: 2月07日、818点、779件
3回目: 2月20日、808点、849件
4回目: 2月27日、735点、1187件

これらの選考の結果をご覧になればお分かりになるかと思いますが、毎回少しずつ必要最低点が下がってきています。またITAの発行件数も増加しています。このまま点数が下がり続けるかどうか、そしていつまで選考が行われるかということは残念ながら不明です。

■傾向と対策

現時点では最低でもExpress Entryの点数が750点~800点あることがITAを受領するためには必要であると言えます。しかしながらこれらの点数は誰にでも与えられる点数ではなく、ほぼ高確率で:
1) 既にLabour Market Impact Assessment (“LMIA”)  或いは Labour Market Opinion (“LMO”) を元に取 得した雇用主限定のWork Permitで就労している
2) オープンWork Permitで就労しているが、雇用主  が移民申請用のLMIAを Employment and Social  Development Canada (“ESDC”) より取得してくれた
3) 州推薦を受領している
人達のみに与えられている点数であるとお考え下さい。

例を挙げるとすれば、日本でのスキルを要する就労経験がなく、カナダのCollegeプログラムを卒業し、Post-graduation Work Permitを取得して1年間スキルを要する職種にて就労した方のExpress Entryの点数はおおよそ300点ほどです。従って現時点でITAを受領するには低過ぎる点数と言えます。Post-graduation Work PermitなどのオープンWork Permitで就労されていらっしゃる方々が追加点600点をExpress Entryで得るには、別途雇用主に依頼してESDCより移民申請用のLMIAを取得する必要があります。

■今後は?

Express Entryのシステムはとても敷居が高く、ITAを受領するためには様々な困難(特にLMIA取得)を感じている方も多くいらっしゃるかと思います。今後CICが何度も選考を重ねるうちに高い点数の候補者が減り、その影響で選考基準が極端に下がるということも全くないとは言えません。Express Entryのプロフィールは一度登録すれば1年間有効ですので点数が低くても一旦登録しておき、その間に点数を上げる努力をし、その都度情報をアップデートすることも可能です。移民法は頻繁に更新されているため、今後個人移民を目指す方は特に新しい情報をチェックしていることが必要と言えます。


aya-kawakita-profile川喜多 綾
カナダ政府公認移民コンサルタント
Aya K. Immigration Services Inc.代表
移民法以外にも様々な法律を学んだ後、有名移民弁護士事務所にて実務を学ぶ。移民コンサルタントとしての国家資 格取得後、2009年に起 業。お客様とご相談しながら、ビザや移民取得に向けたプランを提案。個人のみならず、大手日系法人のクライアントも多い。
Website: www.ayak.ca
Email: aya@ayak.ca
Phone: 416-890-4303