MUJI CF Markville店がついにグランドオープン!オープニングセレモニーを徹底レポート

満を持してMUJI CF Markville店グランドオープン!


2016年10月に、カナダにて3店舗目をYorkdale Shopping CentreでオープンしたMUJI。トロントにある3店舗ともに絶大な人気を誇るMUJIが、ついにマーカムエリアのCF Markvilleショッピングモールに4店舗目をグランドオープン。オープン前日の21日、関係者やメディアを招いてレセプションが行われた。

マーカム市長のフランク・スカーピッティ氏は、マーカムエリアでのMUJI4号店オープンへの祝辞を述べるとともに、MUJIが世界中、特にアジアで広く認知されている非常に人気なブランドであることに触れ、マーカムの総人口の40%がアジア系であることからも、ここマーカムでのMUJIの成功を確信していると期待を込めた。


次に挨拶に立ったカナダ議会マーカム-ユニオンビル地区のボブ・サロイヤ議員は、自身も常に目新しい商品を作りだすMUJIのファンであることを述べ、雇用創出という点においてもマーカムエリアへの出店に感謝の意を示した。またCadillac Fairview Corporation Limitedのリーシング部担当であるステファン・ヤウ氏は、常にユニークなお店を探し続ける中、MUJIがCF Markvilleショッピングセンターに出店したことは、双方にとって非常に意味のあることだと述べた。



最後に、MUJI Canadaの秋田徹社長が登壇。北米で最大規模となる4号店のオープンに向けて関わってくれた全ての人々に感謝の気持ちを述べるとともに、この店舗で展開される新たなサービスについて次のように説明した。「我々のブランド名は「しるしの無い良い商品」という意味です。商品自体にブランド名が記されていないからこそ、お客様それぞれがしるしを持たない我々の商品で、オリジナルの品にすることができるスタンプサービスなどを無料で用意しています。そして今回はミシンでのギフトラッピングサービスを新しく導入することになり、お客様が簡単にオンリーワンのギフトを作れるようになりました。多くの人にこのサービスを楽しんでもらいたいです。」レセプション内で実際に新サービスであるギフトラッピングのデモンストレーションが行われると、その手軽さとオリジナリティ、ユニークさに訪れた人々からは感嘆の声があがっていた。

そして最後に4号店の開店を祝して、テープカット、そして升・日本酒を使用した日本らしい「酒タワー」の演出にて乾杯が行われた。ギフトラッピングの新サービス導入に加え、人気の商品を漏れなく揃えるなど品揃えを更に充実させたMUJI4号店。ここを訪れれば、MUJIの魅力を改めて体感できること間違いないだろう。

躍進を続ける、MUJI Canada秋田徹社長にインタビュー

MUJIカナダ秋田徹社長


カナダで4店舗目となるCF Markville店グランドオープンに加え、バンクーバーへの出店も目前に控えたMUJI Canada秋田徹社長にお話を伺いました。

今回、ダウンタウンから少し離れたマーカムにオープンしましたが、この地域でのマーケット状況はいかがでしょうか?

この地域はアジア系の方が非常に多く住んでおり、トロントのGTAの中でも一番人口が増えているところです。今まではここからダウンタウンへお越しいただくお客様も多く、少し不便だったのではと思いますが、これからはこのCF Markville店がオープンしたことで、よりみなさんの暮らしに近いところでお役に立てれば嬉しいなと思います。

ショッピングセンターのメイン通路に対する接地面積も広い同店で、お店のラインナップに関して特に意識された点を教えてください。

これまでの1号店から3号店まで特に人気が高かった商品を中心に、お客様の声を受けながら改善し、よりお客様が買いやすい品揃えにしました。1店舗内の品揃えの幅も、衣料品、生活雑貨から食品まで、一番広いラインナップになっています。

4号店における一番の注目ポイントを教えてください。

やはり北米初のギフトラッピングサービスです。無印良品はブランド名の通り、ロゴや飾りのない商品ですので、今まではスタンプサービスなどでMUJIの商品をカスタマイズすることで、オンリーワンの商品にしていただいていました。弊社の商品は一年中どこを取っても誰かへのプレゼントにしていただけるものがありますので、その際にこの無料のギフトラッピングサービスを活用し、オンリーワンのプレゼントにしていただければ嬉しく思います。自分で押したスタンプがあったり、少し他と違ったオリジナルなものであればプレゼントする側も、される側もきっと喜んでいただけると思います。そういったお客様の豊かな暮らしにこれからも役立っていきたいです。

今夏は同店のオープンにとどまらず、さらにバンクーバーへの出店も決まっていますね。

前々からバンクーバーにも早くMUJIを出店してほしいという声をたくさんいただいていました。実は7年前から場所を探し始め、ずっとそのタイミングを待っていました。今回良い場所が見つかり、ようやく出店という形になりました。来月、バンクーバーにオープン予定です。ありがたいことにカナダの他の地域のお客様からも、次はここに出店してほしい!というお声をいただいておりますので、今後もお客様のより近くに行けるよう邁進してまいります。

カナダ4号店となるMUJI CF Markville店を徹底解剖!

CF Markvilleの地上階、ハイウェイ7に面した入り口10番を入って、すぐ左手にオープンしたMUJI CF Markville店。ショッピングセンターメイン通路との接地面積が広く設けられたことで、どこからでも気軽に店内へと入れるようになっていることが大きな特徴であると言える。季節のおすすめ商品からMUJIを代表する人気商品まで美しく陳列されたディスプレイの前を通れば、誰でもふと足を止めて立ち寄ってしまいたくなるだろう。




そんな同店の最大の注目ポイントといえば、やはり北米初として取り入れられるミシンでのギフトラッピングサービスだ。商品の購入後、レジでギフトラッピングのお願いをすると、まず渡されるのは茶色のギフトバッグ。近くに設置された種類豊富な可愛らしいスタンプが揃うスタンプテーブルで、自分の好きなようにギフトバッグを彩ることができる。

その後は、商品をギフトバッグに入れて、レジ横に設置されたマシンで袋を閉じ、あっという間に世界で一つだけのオリジナルギフトが完成。驚くべき点は、このギフトバッグを留めている紐の端をハサミでカットし、軽く紐を引っ張るだけでまるで魔法のようにいとも簡単にギフトバッグを開封することができる点だ。シンプルながらにオリジナリティも決して忘れない。プレゼントする側も、される側もきっと笑顔になれるMUJIならではのサービスを、CF Markville店でぜひ一度試してもらいたい。

スタッフの皆さんに教えてもらいました!
MUJI CF Markville店でゲットしたいオススメ商品たち

これまでカナダ国内に出店してきたMUJIの人気商品を中心に、顧客の需要により応えられる品揃えとラインナップを目指したCF Markville店。お買い物に来たら必ずチェックしたい商品たちについてスタッフの皆さんにお話を伺いました。

カナディアンも大好きMUJIのお菓子コーナー
Sheenaさん

マシュマロシリーズは人気商品で、中でも私のお気に入りはチョコマシュマロです。一口ごとに、チョコとマシュマロの両方をしっかりとバランス良く味わうことができますよ。そして牛乳などと混ぜて冷やすだけで簡単にできる手づくりデザートシリーズもオススメです。またカナダのスーパーではあまり見かけないおつまみ昆布は、パリッとした食感とその味がクセになる一品なので、ぜひもっと現地のお客様に試してもらいたいですね。

愛用者続出のMUJIステーショナリーコーナー
Kennethさん

MUJIの商品でも絶大な人気を誇るステーショナリーグッズは、現在は新学期準備のコーナーとして入り口近くのディスプレイにも、ペンやカラーペン、ペンケース、ノートなどたくさんの文房具を陳列しています。ペンは書きやすさに定評がありますし、色の種類も豊富です。ノートなどはスタンプサービスを使って自分だけのオリジナルノートを無料で作っていただけます。

日々の暮らしを豊かに彩るインテリアコーナー
Jesseさん

便利な収納道具や暮らしに役立つ生活雑貨などが数多く揃う中、おすすめは何と言っても体にフィットするソファですね。このソファは座り方に合わせて自由に変形してくれ、置き方によっても様々なくつろぎ方を可能にしました。ソファーカバーも14種類の中から選ぶことができます。当店では外からも見える形でディスプレイされているので、ぜひ一度座り心地を試してもらいたいです。

オーガニックコットンが優しい衣料品コーナー
Charleneさん

とてもシンプルで着心地にもこだわったMUJIの衣料品はここカナダでも人気で、大人用はもちろんのこと、Yorkdaleショッピングセンターで売れ筋商品である子供用の衣料品も、こちらでは充実のラインナップとなっています。また、最近注目を浴びている、オーガニックコットンシリーズは多数取り揃えられており、非常に丈夫で、かつ肌触りは柔らかいです。敏感肌のお客様にも安心して着ていただけます。