MUJIカナダ3号店がオープン前にお披露目!レセプションの様子を一挙公開!

待望のMUJIカナダ3号店がオープンに先駆けて、新サービスや話題の商品をVIP・ファッション関係者・メディアにお披露目!

10月17日 Nordstrom Yorkdale Gala レセプション
10月21日 グランド・オープニング・レセプション

1(左から)書道家白石雪妃さん、MUJI Canada秋田徹社長

1(左から)書道家白石雪妃さん、MUJI Canada秋田徹社長

2014年にトロントのダウンタウンにカナダ1号店、2015年にミシサガに2号店をオープンさせ、両店舗とも絶大な人気を誇る『MUJI』。2号店のオープンから約1年、ついに3号店がカナダでも最大規模のショッピングモールである“Yorkdale Shopping Centre”にオープン。

オープンに先がけて同モール内にできた米高級デパート“Nordstrom”のオープニングに合わせて、17日にはファッション関係者やメディアなどにお披露目となるイベントを開催、さらにグランド・オープンとなった21日にはVIPならびに関係者を招いてレセプションを行った。

2背中を使用して文字を書いていく 3名前の刺繍入りバッグが完成!

2背中を使用して文字を書いていく 3名前の刺繍入りバッグが完成!

17日のお披露目イベントでは、和楽のパフォーマンスを行うバンド“点々”の演奏に載せて、書道家の白石雪妃さんが一文字ずつ書を完成させていくデモンストレーションが行われた。この日、白石さんによって書かれた文字は、いずれも無印良品のコンセプトを表すものとなっており、MUJI Canadaの秋田徹社長がセレクトしたもの。白石さんは、「MUJIは日本の企業であるということに加えて、私自身も日本の文化を伝える活動をしておりますので、今回訪れてくれた皆様に、私の表現を通じて何か伝えられれば、と思っています。」と話してくれた。

新店舗では、刺繍工房の設置、日本で継続的に専門のトレーニングを受けたインテリア・アドバイザーとスタイリング・アドバイザーの配置など、新たなサービスが展開される。この日、特に人気を集めたのが刺繍工房。実際に刺繍されたトートバッグを手にしたファッション・モデルの女性達は、「可愛いバッグに自分の名前を入れることができて、MUJIのオリジナリティと遊び心をとても気に入りました。」と非常に嬉しそうな様子だった。

4点々の演奏と白石さんの書のコラボレーション 5入り口では日本酒が振る舞われた 6メープルリーフやムースなどカナダオリジナルの刺繍にワクワク

4点々の演奏と白石さんの書のコラボレーション 5入り口では日本酒が振る舞われた 6メープルリーフやムースなどカナダオリジナルの刺繍にワクワク

翌日ソフト・オープンを迎える秋田社長は、「Yorkdale Shopping Centreはカナダでもナンバーワンのショッピングモールとして知られています。今回そのような場所でオープンできる運びとなり、しかもカナダ初となるサービスを皆様にたくさんご紹介できるということを非常に嬉しく思っています。」と喜びを語ってくれた。

7MUJIのコンセプトが表現された文字は、完成後に店頭へ 8モントリオールからもMUJIファンが訪れ、スタンプでオリジナル作品を!

7MUJIのコンセプトが表現された文字は、完成後に店頭へ 8モントリオールからもMUJIファンが訪れ、スタンプでオリジナル作品を!


スタンプの種類は実に豊富

スタンプの種類は実に豊富

そして21日のグランドオープンに合わせて行われたレセプションでは、日本から(株)良品計画の松﨑曉・代表取締役社長も訪れ、多くの関係者を迎え入れた。

中山泰則在トロント日本総領事は、これまで無印良品が作り上げてきたシンプルかつ機能的な「本当に良い」製品の数々を評価するとともに、海外に展開されるMUJIの店舗が400店に近い数となったことに触れ、「この数字こそ、MUJIが世界中で高く評価されている証拠ではないでしょうか。」と、MUJIのこれまでの足跡を讃えた。

9鏡開き 10 カナダの1号店のオープニングから3号店まで必ず日本から駆けつけている良品計画・ 松﨑曉・代表取締役社長 11 笑顔で感謝の気持ちを伝える秋田社長(カナダ)。メープルリーフの刺繍を実際に見せながらMUJIのフィロソフィーを語る

9鏡開き 10 カナダの1号店のオープニングから3号店まで必ず日本から駆けつけている良品計画・
松﨑曉・代表取締役社長 11 笑顔で感謝の気持ちを伝える秋田社長(カナダ)。メープルリーフの刺繍を実際に見せながらMUJIのフィロソフィーを語る

次に挨拶に立ったOxford PropertiesのSenior Vice PresidentであるBrad Jones氏は、無印良品が常に消費者視点に立ちながら、提供する商品の進化に注力してきたことに触れ、その姿勢が今日の見事な成功へと繋がっている、と敬意を表した。

MUJI Canadaの秋田徹社長は、カナダで最大規模(約592㎡)となる3号店のオープンに向けて関わってくれた全ての人々に感謝の気持ちを述べるとともに、新店舗で展開される新たなサービスについて次のように説明した。

「我々のブランド名は商品自体には記されることはありません。それは、我々の哲学が「しるしの無い良い品」を作り出すこと、であるからです。新たに導入される刺繍サービスでは、「無印」の商品に刺繍を施すことで、我々の哲学が生きた商品をそのままに、「自分だけのオリジナルの良い品」、にすることができます。また、インテリア・アドバイザー、スタイリング・アドバイザーは、お客様それぞれが自分に一番合ったライフスタイルを叶えられるようお手伝いする存在です。これらの新サービスを通して、お客様がここカナダでより心地よい生活を送るための手助けができれば良いと思っています。」と述べた。

12 MUJIの消費者視点に敬意を表すOxford Properties・Senior Vice Presidentの Brad Jones氏 13 奥様もMUJIの大ファンだと述べ、その素晴らしさを語る中山泰則在トロント日本総領事 14 インテリア・アドバイザーによる詳細説明

12 MUJIの消費者視点に敬意を表すOxford Properties・Senior Vice Presidentの
Brad Jones氏 13 奥様もMUJIの大ファンだと述べ、その素晴らしさを語る中山泰則在トロント日本総領事 14 インテリア・アドバイザーによる詳細説明

最後に、3年連続オープンに駆けつけている松﨑曉社長が登壇。より多くの人に“MUJI Experience”が届けられることについて、「無印良品は現在、世界で810店舗以上を展開しています。海外だけでも、その規模は390店舗以上となりました。この数字は、我々のブランド、そしてコンセプトが世界中で愛されている何よりの証拠だと自信を持って言うことができます。そして、新しいサービスを備えたこの3号店での成功は、MUJIがカナダ全土で更なる拡がりを遂げる第一歩となるでしょう。今後も、MUJIがあらゆる人々の生活の一部を担う存在となれることを願っています。」と喜びと抱負を語った。

3号店の開店を祝して鏡割りが行われた後、新店舗の目玉であるアドバイザーによるコンサルテーションの詳細な説明が行われ、訪れた人々の期待がさらに膨らむ一時となった。

15 刺繍工房には大きな注目が集まる 16 アドバイザーによるスタイリング・コンサルテーション

15 刺繍工房には大きな注目が集まる 16 アドバイザーによるスタイリング・コンサルテーション

カナダで最大の売り場面積、そして新サービスの導入。話題満載の新たなMUJIを体験しに、是非足を運んでみてはいかがだろうか。

次号12月号では、一年ぶりの来加となる(株)良品計画 松﨑曉・代表取締役社長のインタビューを掲載。昨年も松﨑社長にインタビューをした本誌では、MUJIのさらなるカナダ展開や愛される商品理念、さらには話題となったインド出店などグローバルで成長する同社の展望などについて一年前よりもさらに突っ込んでお話を伺った。入社以来、海外畑で全ての立ち上げを担い、今やグローバルで日本を代表するブランドMUJIを育て上げたトップメッセージをどうぞお楽しみに!



MUJI YORKDALE
3401 Dufferin St.
Tel:416-479-1204

(Visited 275 time, 1 visit today)