オンタリオ州の保険アレコレを知ろう #2

コンドミニアムオーナー保険とは?

ontario-insurance-2
9月は新学期。この機会にコンドミニアムオーナー(タウンハウスオーナー)保険について勉強してみましょう。オーナー使用、賃貸用、別荘などの季節利用などにより保険のタイプが異なります。コンドミニアムの建物の火災保険はコンドミニアム管理組合で加入しています。コンドミニアム・ユニットとそのオーナーが補償の対象となります。

■保険の種類

補償対象災害によって二種類に大別されます。Named Perilは、保険約款に記載している災害のみを補償。火災、破裂・爆発、風災、雪災、落雷、建物の崩壊、航空機墜落、盗難などに限られます。一方Comprehensiveは、保険約款で除外している災害(地震、戦争、害虫や動物による被害、カビや錆、摩耗消耗など)を除く幅広い災害を補償対象とします。補償の方法は二種類。一般的なReplacement Costではダメージがあったものと同じようなものに置き換えられます。 Actual Cash Valueを選ぶ場合は減価償却を引いた金額が支払われます。

■補償内容

コンドミニアム・ユニットに収納してある個人の所有物(家財、服飾、家電製品などの生活用動産)、災害時の仮住居費用、第三者への損害賠償責任費用などが補償されます。例えば、火災によりホテルに仮住まいをするための費用や、お風呂のオーバーフローなどによる水漏れの原因を起こし階下に損害賠償責任を負った場合などです。近年増えている洪水(Flood)や下水のつまり(Sewer Backup)などの水害補償は、オプションであることが多いので、補償されているかどうか確認しましょう。

コンドミニアム管理組合の条例によっては、コンドミニアム管理組合建物保険の自己負担額に注意が必要です。これは各ユニットの床や壁(共用部分)など、管理組合建物保険の補償対象となっている部分に被害が発生した場合、その保険の自己負担額がユニットオーナーの責任となるものです。例えば、壁内の水道管が破裂して壁と床に$20,000の被害が発生し、管理組合加入の保険の自己負担額が$10,000の場合、ユニットオーナーに$10,000の支払い義務が発生します。この金額を補償しているかどうか確認することが重要です。

■特別補償上限

宝飾品、趣味の収集品、ビジネス関係用品などは家財補償額に関係なく、個々に特別補償上限(Special Limit)が設けられています。高価な家財は、保険エージェント(ブローカー)に申告して個別に補償対象に追加してもらいます。

■保険料と保険料の割引は?

保険料のベースは補償する生活用動産と改装費の合計金額になります。この金額が少ないと災害の際、保険金が損害額よりも少なくなりますので注意が必要です。

保険料の割引は保険会社によって若干異なりますが、シニア、クレームフリー、モーゲージフリー、ロイヤリティ、セキュリティモニター、ニューホーム、自動車保険加入割引などが一般的です。自己負担額を増やすことによって保険料を節約することもできます。

■災害に備える

家具、電化製品、宝飾品など生活用動産や改装物の部屋毎のリストや写真を記録しておけば、保険金請求する場合に役立ちます。記録をクラウドなど自宅外の安全な場所に保管します。リストのサンプルは保険エージェント(ブローカー)から取り寄せられます。ユニット内にある家財のReplacement価格の合計額の計算にも役立ちます。

■こんなときは保険会社・エージェント(ブローカー)へ連絡を

水漏れなどの事故が起きた場合は、被害が広がらないように家財を保全しつつ、写真やビデオをとり、速やかに保険会社あるいはエージェント(ブローカー)に報告します。また、家の改装、第三者への賃貸、長期の留守、住宅のビジネス使用など、家屋の状況や使用目的が変わる場合は保険エージェント(ブローカー)に連絡します。

※上記の内容はあくまでも参考までです。個々の保険内容に関しては保険約款・証書を参照してください。