ようこそお茶の世界へ お茶の時間 #12 Tea Partyを開こう

仲の良い友達や、親しい人が集まったら、Tea Partyを開いてみませんか?例えばよく耳にするAfternoon Tea。イギリス発祥のこのお茶会では、紅茶を楽しみながら、3段に重なったプレート上のスコーンや、薄く小さなサンドイッチ、そしてケーキやクッキー等のデザートをいただきます。トロントでも、様々なホテルで特に週末に提供されています。

でも、そんなに大袈裟ではなく、自宅で気軽にお茶を飲んでおしゃべりを楽しむ「気取りのない」Tea Partyなら、もっと自由な発想で。例えば、バニラやキャラメル風味の少しクリーミィなアールグレイ紅茶と、カスタードクリームが美味しいシュークリーム。ホワイトチョコレートと共に味わう抹茶もなかなかなもの。ほうじ茶とクリームチーズをのせたカナッペ等、このような組み合わせは、意外と相性がいいものです。

tea-time-1201

当日はどんなお茶を用意しようかなあ、と悩んだら是非お店の人に相談してみましょう。きっと、喜んで一緒にお茶を選んでくれるはず。私も多くの方々に、Afternoon Teaはもちろん、ウエディング等様々なパーティーで出すお茶のご提案をさせていただきましたが、これはお茶のソムリエとしても楽しい仕事のひとつです。美味しいお茶と共に話は弾み、素敵な時間になること間違いなしでしょう。

さて、一年間に渡り連載させていただきましたこの「お茶の時間」も、この号をもって最終回となりました。お茶好きな方は益々、そしてお茶はちょっと……という方も少しだけ、お茶にご興味を持っていただけましたでしょうか?忙しい日常の中、お茶でほっと一息つける時間が、皆様にとってかけがえのないひと時となりますように。

今月のお茶「Blend Your Own Tea」

今月は、あなたのお気に入りのお茶をブレンドしてみませんか?特にルールはありません。例えば、ベルガモットの効いた「アールグレイ紅茶+緑茶」だとか、「紅茶+チョコレート+スライスアーモンド」。スパイスたっぷりの「チャイティー+バニラ」等、自分だけの一杯をブレンドしてみましょう。新しい発見があるかもしれませんね。



tea-time-01-02Maya Racine
Tea Association of Canada公認のティーソムリエ。日本、ジャマイカ、フィリピン、スイス、イギリスと人種も文化もまったく異なる国での在住中は、旅行会社と航空会社に勤務。カナダはモントリオール、カルガリーでの生活の後、ついにトロントへ。何か新しいことを始めてみようと、お茶の世界へ飛び込んだ。お茶は楽し。