まるでお城なステーキハウス

こんにちは、明けましておめでとうございます。カナダで留学・ワーホリ中のNaoyaです。年末のお休み中、行ってみたかったステーキハウス・The Keg Mansionに行ってきました。日本ではお肉と言えば「焼き肉屋」が主流ですが、北米では「ステーキハウス」が主流。このお店もその内の一つですが、かなり普通じゃありません。というのも外観がまるでお城!!

The Keg Steakhouseと言えばカナダで有名なステーキハウスのチェーン店ですが、一般的な外観はこんな感じ。



なぜここだけ?と思い行ってみると中はこれまたお城!お城!お城!の連続。友達と興味本位で行ったのですが、正直場違いかと思いました。店内にはいかにも仕事が出来そうなかっこいい人達ばかりでした。どこに座ればいいのか迷っていると美人な店員さんにどこでも好きな席に座っていいよと言われ、席につきました。メニューはそれぞれ単品で注文できて、前菜、サラダ、ちょっと安めのカジュアルステーキプレート、サイズの選べるメインのステーキプレート、あと少しですがチキンや魚のプレートもありました。私と友人は食べたことのないエスカルゴをシェアすることにし、それぞれ一番メインらしきプライムリブを注文。付属の料理を選べて私は焼き野菜、友人はマッシュポテト。焼き方も選べて私はミディアムレア、友人はミディアム。待っているとまず無料でおかわり自由なパンがでてきますが、これがまたおいしい。手が止まりませんが無理やり止めます。


その後エスカルゴと初対面。パンと共にタコ焼き機みたいな器に入ってソースをかけられた状態できます。このソースの味はデミグラスソースに似ていますが、よりコクがあっておいしかったです。これにもパンがついていてそのまま食べてもおいしいですが、エスカルゴを食べた後、残ったソースにつけて食べるとよりおいしいです。


そしてメインのプライムリブステーキ。これサイズが10oz(約280g)ですが、かなり大きいです。もう一つ大きめのサイズもあるのですが、このサイズにして良かった。20代の胃袋にも十分な量なので女性はちょっと厳しいかもしれません。肝心の味ですが、赤身は噛めば噛むほど味がでて、脂身は甘味があってかなりおいしくいただけました。

まとめると、高すぎず安すぎず、高級感のあるおしゃれなところでお肉を食べたい人にはうってつけのお店です。男性の方、お肉好きな女性などを連れていってあげるといいかもしれません。もちろんカジュアルすぎなければ普通の服装で入れますし、私もジーンズとスニーカーで大丈夫でした。ちなみにお会計の際、口臭防止のための飴ももらえます。

たまにはこういうお店に足を運んでみてもいいものです。それではまた!