キャリアチェンジを考えているワーホリ向け・初心者から学べるプログラミング講座「リトルハッカーPLUS」卒業生インタビュー|カナダのワーホリ先輩に聞く!


 橘彩子さんはコンプレックスがあった英語と向き合うためにカナダに留学を決意し、午前中は語学学校に通いながら、午後はプログラミングを学びトロント校を卒業した第1期生。未経験からスタートしたにも関わらず、日本に帰国した今はIT企業にエンジニアとして就職し、さらなるスキルアップとキャリアの実現に励んでいる。

ー「リトルハッカーPLUS」の受講終了を振り返ってみての感想を教えてください。

 プログラミングを楽しく、実践的に学べる大変有意義な機会でした。

 もともとは金融業界というプログラミングには全く縁のない業界で働いていましたが、「これからの時代、プログラミングは必要とされるだろうな」と常に感じていました。

 ただ本を読んでもとっつきにくさを感じて、自習もほとんど捗らなかったのですが、「リトルハッカーPLUS」では一から丁寧に、なおかつ楽しく教えていただき、毎日学校に通うのがとても楽しみでした。

ー未経験からのスタートということですが、具体的に学んだことや、制作実績を教えてください。

 授業の前半はプログラミングの基礎知識を学びました。子供向けの授業にも使われている教材を使った授業もあり、初心者の私でも「楽しい!」という感覚で学びをスタートできました。

 後半はその知識を活かして自分で企画した新しいウェブサービスを構築しました。私が企画したのは海外旅行者向けのランドリーサービスの検索サービスで、ユーザーが検索・予約し、レビューを残すといった機能を実装しました。普段何気なく使っているウェブサービスがどのようにできているか知ることができましたし、先生の手を借りながらも自分が考えるウェブサービスが形になる喜びは、ぜひ皆さんにも経験してもらいたいです。

ー現在はIT企業でエンジニアとして働いているそうですね。

 帰国後はプログラミングに関わる仕事をしたいと考える中で、その第一歩としてインターン生として働く機会を頂戴しました。現在は、ウェブサービスの改修などに携わっていますが、学びの連続で非常に充実した日々を送っています。

 プログラミングとは常に学び、知識をアップデートしていくものなのだと実感するとともに、ウェブサービスの向こう側のお客様を常に想像しながらあるべき姿を考えるやりがいも感じています。

ー橘さんにとって「リトルハッカーPLUS」との出会いはどのようなものでしたか?

 「人生のターニングポイント」だったと思います。10年間の社会人生活を一区切りし、カナダ・トロントに語学留学を決意しましたが、当初の目的は「今後、自分が何を仕事にするか考えたい」という漠然としたものでした。

 たまたま「リトルハッカーPLUS」、そしてプログラミングに出会って楽しく学びを深められたこと、そしてインターン生として第一歩を踏み出せたのは、私にとって大きなターニングポイントだと思います。

 先生の皆さん、そして今お世話になっている上司には感謝してもしきれません。

ー「プログラミング=手にスキルを持つ」ということは橘さんにとってどのようなことですか?

 スキルを手にすることで「自分らしく、自分の力で勝負するできる」と思います。私は会社員として営業や人材育成などを経験しましたが、会社員は「会社や業界のルールに沿って、その中で勝負する」という側面が少なからずあると思います。特に独自のルールや規制が多い業界で働いていると、「外に飛び出したときに、私のスキルは通用するのだろうか」と不安に思うこともあると思います。

 一方、プログラミングのスキルは、会社・業界に捉われることのない価値のあるスキルだと思うので、そのスキルを武器に自分らしく、自分の力で勝負する仕事ができるのではないかと考えます。

ー帰国後の就活を不安に思っていたり、キャリアチェンジの具体策に悩むワーホリに向けてアドバイスをお願いします。

 明確な目的がはっきりしないままトロントに留学した私ですが、目的がはっきりしている他の留学生に対しては、正直引け目や恥ずかしさを感じていました。ただ、そんな状態だったからこそ、少しでも興味があることには積極的に挑戦できたと思います。

 明確な目標が決まるまで動かないのではなく、せっかくの留学期間だからこそ、フットワーク軽く様々なことに挑戦するといいと思います。「楽しそう」「やってみたい」という気持ちを大切に、少しでもプログラミングに興味があればぜひ「リトルハッカーPLUS」の門を叩いてみてください。