「リトルハッカーPLUS」在校生インタビュー・山本杏夏さん|カナダのワーホリ先輩に聞く!

大学では学べなかったウェブ開発を学べて非常に面白い。想像していたより多くのことを学べ、意外と自分でもできると実感中

ー大学を休学し、カナダに来た(WHビザでしょうか?)理由を教えてください。

 カナダに来た理由は、いくつかありますが主に、自己肯定感、英会話力の向上と視野を広げたかったからです。
 大学の特色柄、帰国生が多く、3ヶ国語を話せる人はそれほど珍しくはなく、英語はできて当たり前でした。自分と友人らとの差に劣等感を抱いていましたし、自分に全く自信がありませんでした。これが留学を真剣に考え始めたきっかけです。

 また、将来、外国人労働者を雇う可能性があったこと、外国と自分の距離感を縮 めたいという思いから、休学して学生ビザで留学しました。

ー現在の生活サイクルを教えてください。

 はじめ5ヶ月間は語学学校に通っていましたが、現在は卒業し、午後は「リトルハッカー」に通っています。

ーリトルハッカーで受講を考えた理由などを教えてください。

 もともと語学学校に通った後に、コミュニティカレッジの短期講座を受講する予定でカナダに来ましたが、カレッジの授業にあまり興味のあるものがなく、語学学校にこれ以上通うのは退屈だと悩んでいた頃に、リトルハッカーを知りました。

 語学学校と同じくらいの学費で、プログラミングスキルが英語で学べ、ポートフォリオも制作できると知り、受講を決めました。

 また、理工学部生なので、大学で他のプログラミング言語 を少し勉強した経験がありました。そこで、他の言語もちょっと勉強してみたいなと思ったこともきっかけでした。

ー実際に受講を受けていて感じていることや授業の印象などを教えてください。

 想像していたより、多くのことを学べていますし、意外と自分でもできると感じています。数理科学科だったので、大学でのプログラミング実習は高度数学を利用したものが多く、プログラミングに対してかなり抵抗がありましたが、実際は一概にプログラミングと言ってもいろいろあり、「リトルハッカー」では大学では学べなかったウェブ開発の部分を学べているので、 非常に面白いです。

ー日本帰国後の就活も視野に入れての受講と伺いました。日本で就活を成功させるために自分なりに何が必要だと思っていますか。希望職種・業種なども伴わせて教えてください。

 私自身もう少し企業研究が必要だと考えています。自分が学部卒の理系なので、なかなか参考にできる人が少なく、どんな職種や業種でどんなことができるのかをもう少し調べたいと思います。希望職種や業種は絞っていませんが、エンジニアの専門知識を持った、企画やマーケティング能力のあるゼネラリストになりたいと考えています。

ー受講後のポートフォリオは「ITで過疎化解決」を目指したEC搭載型のWEBサイトを構築予定と伺いました。その理由とウェブサイト制作の構想をお聞かせください。

 私の解決したい社会問題の一つとして、「地方の過疎化」があります。自分自身が田舎で育ち、地方都市の中高に通っていた経験から、なんとかしたいとずっと考えていました。

 そこで、大学4年生はほとんど単位も取り終わって時間があるので、自分でなにか地方を助けるビジネスをしてみようと考えました。詳しい内容はまだ考えている途中ですが、都会にいながら、地方のものを買える仕組みを作りたいと思っています。

ー将来の夢や目標などを教えてください。

 将来は、少し漠然としていますが、全ての人が可能性を最大限に活かせる社会の実現に貢献したいと思っています。世の中には様々な問題があり、何か格差があるから、何か不便があるから、何か心配事があるから、何かを諦めることがまだまだたくさんあると思います。その解決は容易ではないと思いますが、私がそれを手助けできる一員になれればいいなと思っています。