レッスン1.一歩先の留学「ハイブリット留学」|カナダに上陸した日本発のプログラミング教室が提唱するキャリアチェンジ

 最近、「VTuber」が注目されていますね。まず、そもそも「VTuber」とはバーチャルの「YouTuber」の略であり、現実ではない世界にて活躍するアバター(代身)のことを言います。初音ミクさんとかですとわかりやすいですかね??彼女も実際は存在せず、ファンも多く歌も人気があると思います(時代的にCDが売れているとは書けない。時代はドンドン変わりますね)。

 現在の日常でも皆さんは「Facebook」や「Instagram」、「TikTok」等の違う非現実世界で生活していると思います。要はこれから皆さんはアバターを作り、2D3Dの世界でそれを充実させていくことに喜びや充実を覚えていくと言われています(色々リスクも少ないし、現に皆さんは2D3Dで生活している)。じゃ、現実世界の衣食住は??みたいな話しになると思うのですがそれはまた、次回に話すとして…。今回はその事ではなく違うことに触れたいと思っています。

 カルフォルニアのゴールドラッシュにてデニムで有名なリーバイス社が一番儲かった話しは有名ですが、重要なのはリーバイス社が儲けたのはゴールドを採取して儲けたのではなく、そこで丈夫なワークパンツを売って儲けた訳です(通称ツルハシビジネス)。

 話が脱線したので元に戻ると「VTuber」が流行るということはその周辺ビジネスが儲かるということになります。アバターを作る人、編集・動かす人。この辺の仕事はエンジニアが出来る仕事ですが、この周辺ビジネスが増えるという訳です。「英語 × プログラミンング × 留学」。日本で貯めたお金、留学で貯めたお金を投資するべきかと思います(回収が早いし、一生のスキル)。

 パソコンが生まれ世の中が変わりました。スマホが出来てたくさんのアプリが生活を便利にしました。SNSが出来て広告や生活・消費も変わりました。これらのことを「パラダイムシフト」と呼びます。「VR」や「VTuber」もその流れです。時間がある留学生がいたら是非プログラミングスクールをお勧めします。

日本発のプログラミング教室「リトルハッカープラス」

https://littlehackers.plus
info@littlehackers.plus