ワーホリを振り返って -その1-

トロントにやってきて、はやくも約11カ月が立ちました。
私のワーホリ生活も残り一カ月すこしです。

自分のカナダ生活を改まって振り返る機会もないので、これを機に自分の生活や仕事のこと、文化の違いなど、色々と気づいたことをつらつらと振り返ってみようと思います。

★★★★★

2017年11月中旬という、真冬に差し掛かる直前のカナダにやってきた私は、最初全くトロントのことを好きになれませんでした。寒いし、友達はいないし、寒いし、仕事は見つからないし、寒いし、、。太陽を浴びないと人間は本当に病んでくるのだと本当に実感しました。来て最初に2週間ほど泊まったホテルはスーパーが少し遠く、所持金もあまりないし、面倒くさくて毎日大して食べないでいたら栄養失調気味になったりもしました。


(来て一カ月後の写真。すでにもう雪景色!)

なんでそんな時期にカナダに来たのかというと、職なし、友達なし、太陽なし、という辛いことをワーホリ前半に全部まとめてしまえば、どんなに辛くても春を楽しみに色々乗り越えられるはず!!というおバカな私なりの作戦だったのです、、。
しかし皆さんはそんなドMな戦略は立てずに、普通に春や夏から来ることをおすすめします。
理由は①来て早々マイナス20度の真冬はやっぱり辛い、、(日本に帰ろうか本気で悩んだ)。
②1年間のワーホリ後、ビザを半年延長したい!と思ったとき、冬を2回過ごさなくてはならない。
の2点です。一年半いるなら、絶対に夏を2回過ごしてくださいね!絶対!絶対に~!

ちなみに冬は完全に引きこもってばかりで、ネットフリックスばかり見ていました。日本にいる友達とスカイプしたとき、私のカナダ生活があまりに充実していなくてまじでみんなびっくりしていました。


一体このあとkeicoのカナダライフはどうなったのか、、、??
来週をおたのしみに!じゃんけんぽーーん!