エア・カナダ主催レセプション「Lunar New Year Celebration」旅行代理店ら200名以上のゲストを迎えて春節を祝う

乾杯の挨拶

Good News!
エア・カナダが2019年の夏からカナダの4都市トロント・バンクーバー・カルガリー・そしてモントリオールから日本の成田・羽田・大阪行きの便を毎日5便就航決定!

1月24日、エア・カナダは200名以上の旅行代理店関係者、政府関係者、メディア関係者らゲストを迎え、旧暦で新年を迎える春節の祝賀会「Lunar New Year Celebration」をトロント近郊のMarkham Event Centreにて開催した。祝賀会の冒頭では、今年一年の幸運祈願として楽器の生演奏とともに中国の伝統的な獅子舞が披露された。

 出席者代表のスピーチでは、最初にリッチモンド市議会議員のCastro Liu氏が登壇し、「エア・カナダはお客様や代理店だけではなく、コミュニティにも非常に貢献してくれており、彼らの尽力に感謝しています。今年がみなさんとエア・カナダにとって素晴らしい一年になるようお祝いいたします」とホストであるエア・カナダに向けて感謝の意を表した。

1. エア・カナダでグローバルセールスのバイスプレジデントを務めるJohn MacLeod氏 2. 香港経済貿易代表部ディレクター・Emily Mo氏 3. 司会を務めるマーク橋本氏

 続いて、香港経済貿易代表部ディレクターのEmily Mo氏が登壇し、スピーチの中で香港とカナダとのつながりについて述べた。また、「この亥年にカナダから香港、中国本土またはアジア諸国へどうぞお越しください。この一年がみなさまにとって良い年になりますように」と新年の挨拶とともにアジア諸国への観光を促してスピーチを締めくくった。

4. リッチモンド市議会議員のCastro Liu氏 5. マーカム市会議員Alan Ho氏 6. トロント警察 Deputy ChiefのPeter Yuen氏

 エア・カナダでグローバルセールスのバイスプレジデントを務めるJohn MacLeod氏は、「みなさん私たちの春節祝賀会へようこそお越しくださいました。私もここで初めて獅子舞を見ることができて光栄に思います。本日お越しくださったみなさまと私たちをサポートしてくれている方々に感謝します。今年一年みなさまが幸福で健康でありますように」と新年の挨拶を述べゲストを歓迎した。

 会場にはトロント警察Deputy Chief のPeter Yuen氏やマーカム市会議員Alan Ho氏(City of Markham Councillor)も来賓として参加し、会場にいる出席者全員にとって今年が良い一年になるようにとそれぞれ新年の挨拶を述べた。

 その後会場では、中華コース料理が振舞われ、ゲストは会食を楽しんだ。会食の間にはショーが行われ、エア・カナダスタッフによるゲーム対決の勝敗をゲストが予想したり、ゲストに配布した番号で抽選を行い、当選者には往復航空券や飛行機の模型など豪華なプレゼントを贈ったりと会場は大いに盛り上がり、新年の幕開けを盛大に祝福した。

Air Canada Vice President, Global Sales and Alliance
John MacLeod氏

 私たちは長い間トロントとバンクーバーから日本の大阪・成田・羽田への定期便を就航しており、日本からカナダへの観光を歓迎しています。近年はカナダから日本へ旅行にいく人も増えてきていて嬉しく思っています。昨年からモントリオールから成田行きの便も就航し始めたので、日本の方もカナダの方もたくさん利用していただけるよう期待しています。

 また、私たちはJNTO(日本政府観光局)と良きパートナーシップを築いており、彼らの多大なる協力に感謝しています。

日本政府観光局(JNTO)トロント事務所の皆さんも出席

アジアチームによるエンターテイメント


Air Canada Senior Director, Asia Revenue Management and Sales
Rocky Lo氏

エアカナダ・シニアディレクターのRocky Lo氏(右)

ーイベントを振り返った感想をお聞かせください。

 私たちのエージェンシーパートナー、コミュニティパートナー、メディアパートナーと共に中国の伝統に則って春節のお祝いができたことを嬉しく思います。

 毎年、お客様やパートナーのみなさまと一緒に新年のお祝いをするのがエアカナダの文化です。亥年である今年は、200名以上のゲストをお迎えすることができました。私たちも様々な料理とショーのプログラムを用意して、みなさんと一緒に楽しい時間を過ごせたことを嬉しく思います。

ー日本を含むアジアマーケットの需要が大きく伸びていますね。

 エアカナダにとってアジア太平洋は主要なマーケットだと考えています。なので、エアカナダにはアジアのマーケットを担当するセールスチームがあり、日本マーケットにも日本語を話すセールスマネージャーを置くなどリソースと人員を配置して対応しています。
 重要なマーケットである日本市場においては、2019年の夏はカナダの4都市バンクーバー・カルガリー・トロントそしてモントリオールから日本の成田・羽田・大阪行きの便を毎日5便就航することで、日本とカナダをより頻繁に行き来できるようになります。

ー日本マーケットへのチャレンジを教えてください。

 カナダと日本は昨年に続き今年も修好90周年記念が続いており、長い友好関係の歴史があり、多くの日本人がカナダに住んでいます。ですので、これからも日本のマーケットに注視して新しい機会を探っていきたいです。

 日本マーケットにおいては、昨年モントリオールから成田行きの便を新たに就航しました。これは日本とモントリオールをつなぐ初めての路線です。また、特に評判が良いのはカナダと日本の中心をつなぐトロント・羽田間の路線です。

ー読者にメッセージをお願いします。

 カナダの日系コミュニティのサポートがあるからこそ日本マーケットの拡大を続けていくことができております。全てのサポートに感謝しています。みなさんの継続的なサポートのおかげで、カナダと日本の間の行き来をより多くより頻繁にしていくことが可能となっています。今後とも宜しくお願い申し上げます。