ルアー屋さんのオンタリオ釣り日記 第27回

アイスフィッシングシーズン到来!!

lurecaevers-fishing-diary-27

いよいよこの季節がやってきましたね~~!待ちに待ったアイスフィッシングのシーズン到来です!!長く過酷なオンタリオの冬ですが、そんなオンタリオの冬だからこそ楽しめるアクティビティーがアイスフィッシング。

今月の釣り日記ではそんなアイスフィッシングについてあれこれ書かせて頂きたいと思います♪

◆ お勧めの釣り場
アイスフィッシングが盛んなオンタリオ州ですが、トロント周辺でお勧めの釣り場は何と言ってもシムコー湖!ガイドサービスを始め、アイスフィッシングの貸釣り小屋(ハット)を営む業者さんが沢山あり、アイスフィッシングを楽しむのに理想的な環境が整っています。また、餌として使う生きたシャイナーなども湖の周辺で手に入れやすいので、釣り竿&ドリル持参で自力で勝負したい!という方にもお薦めです。

◆ ハットを利用した釣り
アイスフィッシング初心者の方や、氷上で快適に時間を過ごされたい方はハット利用がお勧め。ハットについて簡単にご説明させて頂きますと、氷上に設置されたアイスフィッシング専用の釣り小屋で、暖房が入っており、暖かい小屋の中で快適に釣りを楽しめます。また、ハットによっては簡易コンロが用意されていたりするので、簡単なクッキングやコーヒーなどを沸かす事も可能。大氷原でのカップヌードル&コーヒーは最高の贅沢ですよ~!大抵の場合、トイレもハットの近くに併設されているので女性の方やお子様連れにも安心です。

◆ 釣り具
この時期、釣具屋さんやカナディアンタイヤなどの釣りコーナーに行くと、竿とリールがセットになったアイスフィッシングセットを売っています。釣り具のレンタル等をやっているハット業者はあまり聞いたことが無いので、釣りに行かれる前に事前にご用意される事をお勧めします。

◆ エサ
アイスフィッシングで最もポピュラーな釣り方は、シャイナーと呼ばれる小魚を使った生き餌釣り。シャイナーの活きがいいほど魚の食いが良くなりますので、シャイナーをハリに付ける時はなるべく手早く付けてください。針の掛け位置は、シャイナーの背ビレの付け根か、尾鰭の付け根に掛けると弱りづらいです。ハットを借りる場合は、餌もハットの中に準備してあります。ドリル持参で自力で行かれる場合のエサ探しは、グーグルマップで “bait”のキーワードで検索してみて下さい♪(グーグル先生最強です。笑)

真っ白な氷と雪の世界で仲間とワイワイ楽しむもよし、自力で氷に穴を開けてハードコアに楽しむもよし、オンタリオならではの冬のアクティビティー、思いっきり楽しんじゃいましょう~!

今月のワンポイント!

オンタリオで釣りを楽しむにはフィッシングライセンスが必要となります。ライセンスを取るのに試験とかあるんですか?とかたまに聞かれる事がありますが、そんな事はありませんのでご心配なく。
オンラインまたはカナディアンタイヤ等のサービスカウンターで購入可能です。オンラインで購入される場合は、検索サイトで“Ontario fishing license”のキーワードで検索して頂くと該当サイトが見つかります。

Like me on Facebook!

フェイスブックにてご意見、ご感想をお寄せください。
facebook: http://www.facebook.com/nishinelureworks
Blog: http://beatour.exblog.jp


lurecaevers-fishing-diary-nishine西根博司(にしね ひろし)
鳥取出身。ルアーフィッシング歴31年。プロルアービルダー歴24年。カナダ歴15年。寝ても覚めてもルアー作りと魚釣りのことばかり考えている典型的な釣りバカ人間。


Design and layout by Tomoki Onishi