ルアーフィッシングを始めてみませんか?その5|ルアー屋さんのオンタリオ釣り日記【第51回】

   暑い暑い今年のオンタリオの夏、皆さん釣りを楽しまれていますでしょうか?

 長々と連載を続けてきているルアーフィッシングを始めてみませんか?企画ですが、今号もまだしつこく続きます。(笑)

 前々号はパンフィッシュ→前号はラージマウスバスときましたが、やっぱラージマウスときたら次はスモールマウスバスですよね!

 という訳で、今号ではスモールマウスバスについて書いてみたいと思います。(なんと安直な。笑)

 このスモールマウスバスですが、ラージマウスバスの親戚ではあるのですが、習性や性格がかなり違ってて、スモールマウスバスに魅了されている釣り人が沢山います。

 その最大の魅力は強い引き!

 とても筋肉質の魚で、ひとたび釣り針に掛かると、走るわ跳ねるわ力は強いわ弱らないわと、激しいファイトを見せてくれます。
場合によっては高さ1mぐらいジャンプすることも!

 そんなスモールマウスバスさんですが、実は五大湖地方が原産地の魚でオンタリオはまさにスモールマウスバスの聖地と言ってもいいぐらい素晴らしい釣り場が沢山あります。

 レイクエリー、レイクセントクレア、レイクシムコー、サウザンアイランド・・・ざっと名前を挙げただけでも、世界中のスモールマウスバスファン垂涎の釣り場が目白押し。

 そして、そんなビッグレイクでなくても、釣り場は星の数ほど存在します。

 僕もスモールマウスバスフィッシングの大ファンで、シーズンが始まると毎週何処かに釣りに行って楽しんでいます。

 どうやって釣ったらいいかなど、これはもうラージマウスバスと同じくとても書ききれないので割愛させて頂きたいと思いますが(インターネットで調べて頂けばいくらでも有用な情報が見つかります)、基本的にオンタリオのスモールマウスバスはゴビーという小魚とザリガニを食べている事が多いので、それらの魚をイメージしたルアーや釣り方をする事が成功の近道です。

 基本的には餌を追いかけて沖を回遊している事が多い魚なので、理想を言えばボート釣りがお勧めですが、岸から狙われる場合は今時期は川がお勧め!

 あと、川が湖に流れ込んでいる流れ込み周辺なども狙い目となります。

 この夏、ビッグスモールマウスバスとのビッグファイトをぜひ経験してくださいね~!


西根博司 (にしね ひろし)

鳥取出身。ルアーフィッシング歴33年。プロルアービルダー歴26年。カナダ歴18年。寝ても覚めてもルアー作りと魚釣りのことばかり考えている典型的な釣りバカ人間。

フェイスブックにてご意見、ご感想をお寄せください。
facebook: http://www.facebook.com/nishinelureworks
Blog: http://beatour.exblog.jp