ビジネスゾーンをマスターしよう!|新ミサキのカナダ・ゴルフライフ 第11回

 皆さんはビジネスゾーンをご存知ですか?ゴルフスイングに最も重要と言えるスイング軌道の範囲のことです。ボールが安定しない、ちゃんと当たらないというときは、このビジネスゾーンがきちんとできていない可能性が高いです。

 練習で、ずっとフルスイングをしていませんか?スイングの基本動作が固まっていないうちにボールをたくさん打ってしまっては、悪い癖を固めるばかりです。地味な練習ですが、小さい振り幅の練習はとても大切なのです。インパクトが安定し、タイミングも一定になり、飛距離も伸びます!世界のツアーで活躍する選手の中には、打球練習のほとんどはフルスイングをしないという人もいますからね!

 では早速、ビジネスゾーンの練習をしてみましょう!まずは時計の針で例えることにします。構えたクラブヘッドの位置が6時です。そこからバックスイングでシャフトが地面と平行になり、9時の位置に。このときに腕の三角形をキープし、フェース面は前傾角度と同じです。インパクトを通り、フォロースルーでシャフトが地面と平行になり、3時の位置に。このときも腕の形は三角形をキープし、フェース面は後ろを向くようにします。この動作を前傾したままで行います。手首と肘は使わずに、少し体を回転しながら打ちましょう。これをどのクラブでも練習します

 すべてのゴルファーでもやっぱり基本が大事!地味な練習こそ、上手くなる近道かも??

Let’s try!!

ティーチングプロ 光咲(Misaki)