肘の向き、どっち向いてる??|新ミサキのカナダ・ゴルフライフ 第13回

 なかなかまっすぐ飛ばない』、『なんだかフォームがカッコ悪い』、『飛距離が出ない』という悩みがある方に確認してほしいのが、肘の向きです。

 これらの悩みを持つほとんどの方が、フォロースルーからフィニッシュで左脇が開いて、左肘が引けた状態になっています。

 左肘が引けてしまうと、クラブフェイスがローテーション出来なくなり、フェイスが開いたままの状態でボールに当たります。その結果、スライス系になり飛びません。

 左脇が開くのは、左肘が外側を向いているからです。この肘を内側(地面)に向けます。そうすれば、脇と体の間は空いても大丈夫です。どうすれば左肘が外側に向かないのか分からないという方は、ボールを両腕に挟んでスイングするといいですよ!100均などに売っている、子供のオモチャのボールでもOKです。

 使い方は、肘の間にボールを挟み、スイングします。左肘が外側を向けば、ボールは落ちてしまいますので、ボールを落とさないように振ってください。これは左肘の向きだけではなく、右肘の向きを正す役割もあります。トップで右肘が外側を向いていると、クラブヘッドが内側に入り、スイング軌道がズレます。両方の肘の向きを下に向けるだけで、無駄な動きがなくなり、綺麗なスイング軌道が作れます。トップでは右肘が地面、フォロースルーからフィニッシュでは左肘が地面。

 やっぱり綺麗なスイングが合理的ですよね~!みなさんも自分の肘の向きをチェックしてみてください。

ティーチングプロ 光咲(Misaki)