モダン建造物からほんのり感じる日本

modern_japanese_buildings_title

トロント近隣にある有名な日系カナディアン建築家の美術館・博物館や日本らしさを感じる木の暖かみがいっぱいの住宅をご紹介。

Waterloo Region Museum

waterlooregionmuseum

車で1時間半ほど東に行ったウォータールーという町に、オンタリオ州で一番大きなコミュニティ美術館がある。4366㎡という広大な敷地で2011年にオープンした。ウォータールー地域の歴史や物語から企画展など様々な催しものがたくさんあり、1日いても飽きない美術館だ。カラフルな巨大なサイン全面ガラス張りの外観はまさしくアート。2011年にオンタリオ州建築デザイン協会からExcellence Awardを受賞している。

10 Huron Rd., Kitchener
519-748-1914
waterlooregionmuseum.com

DESIGNER Moriyama & Teshima Architects

バンクーバー生まれの日系カナダ人を筆頭にしたトロントでも有名な建築事務所。トロント内ではJCCC(日系文化会館)、レファレンス・ライブラリーやバータ靴博物館を設計デザインしている。

Niagara Falls history Museum

niagarafallshistorymuseum

世界的にも有名なナイアガラの滝の歴史博物館は、2012年のリノベーションと拡張が終わりグランドオープンしたばかり。3棟のユニークなギャラリーから構成されており、主に1812年の米英戦争のカナダ戦線についての展示が行われている。イギリス風の建物の横に、モダンなガラス張りの建物の調和がモダンな空間をかもし出している。ナイアガラに訪れる際にぜひ足を運んでもらいたい。

5810 Ferry St., Niagara Falls
905-358-5082
niagarafallshistorymuseum.ca

DESIGNER superkul

2002年からトロントをベースに活躍する建築デザイン事務所。住宅から商業施設と幅広いデザインを手掛ける。

SPLIT House

splithouse

トロントの住宅街に一見風変わりな木目調の住宅がある。モダン建築家のSuperkul Architectが手がけた住宅だ。日本のモダンな一軒家のような木の暖かみをふんだんに感じることができる空間となっている。SPLITという名の通り、大きなガラスで仕切られており、そこから太陽の光をふんだんに取り入れることができる。プールや大きなお庭もあり、自然の温もりと一緒に生活できる空間だ。