休日の映画鑑賞〜映画「Parasite」〜

私はシェアハウスをしているのですが、ある休日に、ハウスメイトのイギリス人ウィルが「この前Parasiteっていう韓国映画を観たんだ。すごく面白かったよ。もう一回観たいから一緒に行かない?」と誘ってくれたので観に行ってきました。ちょうど私も、この映画がtiff(トロント国際映画祭)で観客賞3位を受賞したと韓国人の友人が話していたので観たいと思っていました。この映画はカンヌ国際映画祭でもパルム・ドールを受賞している作品で、アカデミー賞の有力候補となっています。

韓国映画をきちんと映画館で観たのは初めてで、もちろんトロントには日本語字幕はないので、音声:韓国語、字幕:英語 という状況で鑑賞しました。映画っていうのは言葉が分からなくても面白いものですよね。全く苦なく観ることが出来ました。ウィルはこの手の映画が好きなようで、家族、仕事、貧富の差、リアリティーのある日常に起こりうるようなお話。日本では是枝監督の「万引き家族」が話題になりましたが、世界でも、近年このようなテーマが注目を集めているように思います。映画の後に彼と感想を話し合っていたのですが、英語で伝えるのはまだまだ私には難しいものでした。代わりにここに感想を書いていきたいと思います。まだ観ていなくてネタバレしてほしくない!という方はここからは閲覧注意です。

まずは簡単なあらすじです。

−映画は、父親と母親に息子、娘の4人家族が半地下の小さな家に細々と暮らしているというシーンから始まります。ある夜、息子・ギウが、友人からパクという裕福な家の娘の家庭教師をしないかと紹介されます。ギウは段々と信頼を経て、パク家の息子の家庭教師に娘・ギジョン、運転手に父親、家政婦に母親を迎え入れることに成功します。もちろん彼らが家族であることはパク家の誰も知りません。しかしある日、元家政婦の訪れによってパク家の地下室にある秘密が判明します。いずれはパク家に入れ替わって家を手に入れたいと考えていたギウたちの計画は、ここから歯車が噛み合わなくなっていきます。−

映画の序盤は、テンポよくパク家の使用人たちがギウの家族に入れ替わり、コメディー的な要素があります。ちょっと笑っちゃいそうになるシーンもありました。この計画が成功したらお金持ちの持っている家が手に入るかもしれない、といった期待や高揚感はとても伝わりやすく面白かったです。ところが、地下室の秘密が分かってから、家族はどうしたらいいのか分からなくなり、事件が起きるのです。この映画で注目したいのは、このパク家の人々がニオイを気にしだすというところです。はじめはギウたち家族のニオイが同じだということにパク家の息子が気付くのですが、それは段々と、「貧しい家の人々はニオイがする」というような貧富の差を表現する意味に映画の中で変化していったと私は感じました。このニオイもその事件が起こった一つのきっかけであったと思います。

この映画は「万引き家族」のテーマと似ているところがあります。というのもキーワードとなる家族・犯罪・貧困の3つの要素が共通していると思っているからです。ですがこの映画でより伝わってくるのは、「貧富」の差についてです。そして、住む「家」が人々にとってとても重要な場所なのだということが映画を通して伝わってきました。

映画のParasiteというタイトルは「寄生生物」という意味ですが、誰かに寄生せずに生きるというのは簡単なようでいて難しいことなのかもしれません。どこまでが寄生でどこまでが寄生じゃないの?と思ったりもしますが、自分でお金を稼いで収入を得て、家庭を持って素敵な家を持つって、すごく時間のかかることで、それがもし、十分に学校にもいけないようなスタート地点だとしたら…果てしないと思いませんか。それでもただコツコツやっていく、結局はそれが一番早いのかもしれませんね。

パラサイト 半地下の家族 公式HP

http://www.parasite-mv.jp/

映画を終えた直後、ウィルに「最後のシーンは本当に叶ったと思う?」と聞いたら、「叶わなかったと思うよ」と至極当然のように言われ、まあそうだよね、と思いつつ、私は夢とか将来のことに目を向けられるこの状況(もちろんお金という問題はどこにもつきまとってくるのだけれど)に感謝しないといけないんだよなと思い直し、この記事を書くに至ります。

日本では来年の年始に公開のようなので帰国する方もまだまだ見るチャンスはありますので、ぜひ見て観てください。

Midori

東京都出身。23歳、双子座、B型。
英語は得意な方ではありませんでしたが、ネバネバの納豆くらい諦めの悪い私は、ずっと留学したい、海外で生活してみたいという想いから、2019年、大学を卒業してやっと来ることができました。
好物はサバ、梅干し、わさび。音楽はロックとクラシックが好きです。今一番行ってみたいところはNASA(JSC)のあるヒューストン。