負けてない日本人たちの姿、負けない日本人へメッセージ 映画・演劇紹介

3.11の後、様々な震災に関する映画、演劇が公開され、各作品にはそれぞれ違うメッセージが込められています。数ある中からいくつかの作品をご紹介します。


Movie 先祖になる 監督 池谷薫 ジャンル 感動・心温まる系 One point 震災映画はシリアスな作品が多い中、比較的明るめな映画。主人公佐藤直志にスポットを当てた、笑いあり、涙ありのドキュメンタリー。作品を通し窺える彼の強さ、優しさから、学び取ることも多いだろう。 主人公佐藤直志は農林業を営んでいた。震災により家は壊され、長男は波に飲み込まれ、彼は生き甲斐を失った。だが彼は諦めず、家をもとの場所に建て直すという大きな決断をする。大昔から人はそうやって生きてきたという言葉を唱えて。その土地に生きる人々の行く先を思う彼の優しさや強さは周りを動かし、生きるということの本質に気づかされていく。数々の障壁を乗り越え、彼は夢を叶えられるのか?

Movie

先祖になる

監督 : 池谷薫
ジャンル : 感動・心温まる系
One point
震災映画はシリアスな作品が多い中、比較的明るめな映画。主人公佐藤直志にスポットを当てた、笑いあり、涙ありのドキュメンタリー。作品を通し窺える彼の強さ、優しさから、学び取ることも多いだろう。
主人公佐藤直志は農林業を営んでいた。震災により家は壊され、長男は波に飲み込まれ、彼は生き甲斐を失った。だが彼は諦めず、家をもとの場所に建て直すという大きな決断をする。大昔から人はそうやって生きてきたという言葉を唱えて。その土地に生きる人々の行く先を思う彼の優しさや強さは周りを動かし、生きるということの本質に気づかされていく。数々の障壁を乗り越え、彼は夢を叶えられるのか?

 

Movie 311 監督 森達也 / 綿井健陽 / 松林要樹 / 安岡卓治 ジャンル シリアス系 One point 強い印象を与えるキャッチコピー「誰も、観たくなかったはずのドキュメンタリー」。すべてがありのままなため、心に迫る映像も多々。 3月11日から1年。復興や原発などいろいろと問題を抱えている中、監督森達也と松林要樹、映画プロデューサー安岡卓治、映像ジャーナリスト綿井健陽の四人が被災地を訪れ、誰もが目を背けたくなる現状を映像におさめた。カメラを遺族の前でまわし批判を浴びる様子や、自身らが惨状に恐れ、高揚する姿など、マスメディアでは決して報道されない「撮る側」の素顔をありのままに映し出す。

Movie

311

監督 : 森達也 / 綿井健陽 / 松林要樹 / 安岡卓治
ジャンル : シリアス系
One point
強い印象を与えるキャッチコピー「誰も、観たくなかったはずのドキュメンタリー」。すべてがありのままなため、心に迫る映像も多々。
3月11日から1年。復興や原発などいろいろと問題を抱えている中、監督森達也と松林要樹、映画プロデューサー安岡卓治、映像ジャーナリスト綿井健陽の四人が被災地を訪れ、誰もが目を背けたくなる現状を映像におさめた。カメラを遺族の前でまわし批判を浴びる様子や、自身らが惨状に恐れ、高揚する姿など、マスメディアでは決して報道されない「撮る側」の素顔をありのままに映し出す。

 


Movie 遺体〜明日への十日間〜 監督 君塚良一 ジャンル シリアス系 One point ジャーナリストが実際に目撃し、取材した事実を基に描く、報道が伝えきれなかった真実。災害の悲惨さというよりは、生と死がどういうものか、人と人の心の繋がりの大切さが再認識させられる映画。 遺体安置所を題材とし、報道では語られてない所にフォーカスを当てた。毎日のように搬送されてくる遺体に、いつ終わるかもわからない検死作業。現場は混乱を極め、人々は皆、絶望や苛立ち、悲しみの淵に沈む。そんな中、生前と変わらぬ口調で遺体に話しかける1人の男、相場の姿があった。それを見た人々は、次第に勇気や思いやりを取り戻し、現状と向き合うようになる。

Movie

遺体〜明日への十日間〜

監督 : 君塚良一
ジャンル : シリアス系
One point
ジャーナリストが実際に目撃し、取材した事実を基に描く、報道が伝えきれなかった真実。災害の悲惨さというよりは、生と死がどういうものか、人と人の心の繋がりの大切さが再認識させられる映画。
遺体安置所を題材とし、報道では語られてない所にフォーカスを当てた。毎日のように搬送されてくる遺体に、いつ終わるかもわからない検死作業。現場は混乱を極め、人々は皆、絶望や苛立ち、悲しみの淵に沈む。そんな中、生前と変わらぬ口調で遺体に話しかける1人の男、相場の姿があった。それを見た人々は、次第に勇気や思いやりを取り戻し、現状と向き合うようになる。

 

shinsai-movie-04

Drama

祝/言

監督 : 長谷川考治
ジャンル : 感動系
One point
言葉をいっさい使わず、音楽、光、そして人だけで表現していく。日・韓・中の伝統音楽と舞踏のセッションもポイントの一つ。その中に様々なメッセージが込められている。
次の日に結婚式を控え、その打合せするところから物語は始まる。日本人、中国人、韓国人を交えているため彼らの会話はぎこちないが、やがて始まる音楽と踊りで次第に馴染んでいく。突如、巨大な地震そして津波が襲いすべてを飲み込む。暗転、そして無音の5分間。場面が変わり、再び音楽が聞こえ、光が入ってくる。何事もなかったように人々は会話を始めるが、その会話はどこかがぎこちない。彼らは死んでしまったのだろうか、そして物語の続きは?

 


Movie Negative Nothing すべてはその一歩から 監督 Jan Knuesel & Stephan Knuesel ジャンル 感動・心温まる系 One point 映画全体がポジティブエネルギーで溢れる映像、旅途中でトーマスが様々な人と出会いそこにある心温まるストーリーが見所。旅途中の経過が載っているブログも現在更新中。 スイス人の主人公トーマスは、スイスにある旅行会社で日本旅行の担当をしていた。3月11日の震災により、日本への旅行のキャンセルが相次ぎ、トーマスは仕事を失う。そこで大好きな日本へ何かできないかと思い立ち、日本列島を歩いて縦断することを決意。そうすれば世界中の人が日本は安全な国とわかってくれるだろうと信じて。旅の最中、様々な出会いあり、別れあり、そしてそこでトーマス自身がみたものとは?

Movie

Negative Nothing
すべてはその一歩から

監督 : Jan Knuesel & Stephan Knuesel
ジャンル : 感動・心温まる系
One point
映画全体がポジティブエネルギーで溢れる映像、旅途中でトーマスが様々な人と出会いそこにある心温まるストーリーが見所。旅途中の経過が載っているブログも現在更新中。
スイス人の主人公トーマスは、スイスにある旅行会社で日本旅行の担当をしていた。3月11日の震災により、日本への旅行のキャンセルが相次ぎ、トーマスは仕事を失う。そこで大好きな日本へ何かできないかと思い立ち、日本列島を歩いて縦断することを決意。そうすれば世界中の人が日本は安全な国とわかってくれるだろうと信じて。旅の最中、様々な出会いあり、別れあり、そしてそこでトーマス自身がみたものとは?

 

Movie LIGHT UP NIPPON 日本を照らした、奇跡の花火 監督  柿本ケンサク ジャンル 感動・切ない系 One point 映像が被災地をそのまま写しているため、状況がこちら側にもリアルに伝わってくる。公式サイトでは、この映画制作ドキュメンタリーがwebでみれるので、そちらと一緒にみるのもいいだろう。

Movie

LIGHT UP NIPPON
日本を照らした、奇跡の花火

監督 : 柿本ケンサク
ジャンル: 感動・切ない系
One point
映像が被災地をそのまま写しているため、状況がこちら側にもリアルに伝わってくる。公式サイトでは、この映画制作ドキュメンタリーがwebでみれるので、そちらと一緒にみるのもいいだろう。
2011年3月11日、未曾有の地震と津波でたくさんの人が亡くなり、被災した。日本は悲しみ、苦しみ、そして不安に包まれた。そんな中、そこから再び日本を明日へ歩みださせるきっかけを作ろうと人々は立ち上がる。生きてゆくことは多くの苦しみ、悲しみがあるが、その反面、希望や喜びもあるということを改めて実感するためにも。「追悼」と「復興」の意味を込めた花火の大輪が、東北を、そして日本を照らした。