突撃!隣のお母さんのチキン料理ーホームステイマザーが作るほっこり家庭料理ー

mums-cooking-05

Raurindaさん

ホームステイマザーであるRaurindaさんが作るほっこり家庭料理をご紹介!


カレーとバナナ!?アフリカン家庭料理

mums-cooking-01

チキンを使ったアフリカン料理。チキンカレーのような見た目ですが、どちらかというとチキンスープに近いです。味付けはパームオイルとガーリック、塩・胡椒。野菜はオニオンのみで、スープと一緒に楽しむというよりはチキンをメインに食べる料理です。というのも、スープのほとんどがパームオイルのため油感が強く、スープを飲むというよりは付け合せの料理と一緒に楽しむことが多いよう。付け合せの料理としてはバナナやビーンズ、キャッサバフフが挙げられます。バナナはフルーツバナナではなく、プランテインと呼ばれる硬めで甘味が少ないものが用いられ、キャッサバフフとはでんぷん質のものを熱湯で練り上げたものです。この料理は私にとってはあまり馴染みがなく、少し違和感がありました。チキンの味よりもパームオイルの味が強く、だからこそ甘味の少ないプランテインバナナや、味のないキャッサバフフと合うのだと思いました。


ヘルシーチキンのポルトガル家庭料理

mums-cooking-02

こちらはチキンのモモを使ったポルトガルの家庭料理です。まずは、塩・胡椒・ガーリック・白ワインで下ごしらえしたチキンをオーブンで焼き上げます。そこに、にんじん、オニオン、ピーマンなどの野菜を付け合わせ、再度焼き上げて完成。オーブンを使って調理されているので油っぽさがまったくなく、ヘルシーです。また、チキン自体にしっかり味がついているので、ライスやポテト、パスタと一緒に食べることが多いようです。味はしっかりついていますが、味付け自体がシンプルなので食べやすく、かなり美味しいです。私はこのチキン料理が一番のお気に入りです。


日本人の主食がデザート!?
ポルトガルやヨーロッパで親しまれているお米プディング

mums-cooking-03ライスプディングというデザートで、ポルトガルなどヨーロッパで広く親しまれているものです。日本人の主食として広く親しまれているお米ですが、ここでは主食としてではなくスイーツとして使われています。シナモンスティックと一緒に炊いたお米に、牛乳と砂糖、卵の黄身を混ぜ、火を通し、最後にシナモンパウダーがアクセントとして加えられています。見た目はティラミスに近く、カスタードクリームのような味にはどこかなつかしさを感じました。
しかしながら、冷たくて甘いご飯は、普段慣れ親しんだお米とはかけ離れており、すこし違和感も。米=主食という価値観を180度変えるお米のデザートでした。