[第9回] ミディエーション 2|カナダ・オンタリオ州公認パラリーガルによる日本語法律相談

ミディエーションとは?

前回は、ミディエーションが、弁護士を雇わないオプションではないことを説明しました。今回も引き続き、家族法のケースを例にミディエーションについてお話しましょう。

◆ミディエーターの選び方

最もお勧めしたいのは、経験豊かなミディエーターの採用です。元判事やスペシャリスト認定ファミリー・ロイヤーらのフィーは高額ですが、彼らの経験と実績を考えると十分納得できるものです。

しかし、オンタリオ州のミディエーション・システムは、 経済的余裕のない人々にもその門戸を広げています。詳細は、Family Law Information Centres(FLIC)で入手できますが、以下に概要を紹介しておきましょう。

◆オンサイト・ミディエーション

オンサイト・ミィディエーションとは、ケース・コンファレンスやモーション・ヒアリングで裁判所を訪れた際、コーディネーター(Information & Referral Coordinator)にミディエーションを望むことを伝え、同日その場でミィディエーションを行うことを指します。

しかし、ミディエーターの都合などで、長時間待つことになったり、別の日に来るよう指示されたりすることもあります。どちらの場合も2、3時間のミィディエーションを無料で行ってもらえます。

◆サブシダイズト・ミディエーション

サブシダイズト・ミディエーションとは、それぞれの収入と扶養家族の数によって、ミディエーションの費用を助成するシステムです。1時間$235(収入$125,000以上)から$5(収入$15,000以下)という、フィー・スケジュールは、支払い能力を考慮した納得できる支援ですね。
mediate393.ca/subsidized-mediation/参照)

◆インテイク

ミディエーションは個人の意思によるオプションです。裁判所がミディエーションを言い渡す場合も、命令(コート・オーダー)の形ではなく奨励(サジェスチョン)の形をとります。

しかし、裁判官は、ミディエーションのインテイクを命令することができます。インテイクは、担当ミディエーター自身が当事者双方と別々に面談し、状況を整理し、ミディエーションが適切であるかどうかを判断する大切なプロセスです。

このプロセスで、家庭内暴力などが発覚し、当事者が同じ部屋にいることがふさわしくないとされた場合は、ミディエーターが別々の部屋にいる当事者間を行き来するなど、様々な工夫がなされます。

しかし、ミディエーターが当事者間の力関係にあまりに大きな差があると判断した場合、ミディエーションそのものをキャンセルすることもあるのです。
 
いかがでしょう。ミディエーションについて少し理解を深めていただけたでしょうか。次回はミディエーションそのものについてもう少し掘り下げてみたいと思います。

APJW設立3周年記念イベント
ダブル・セミナー(2〜4時)& 記念パーティ(4時〜)

1. Faith Feldman(弁護士)
「知っておきたい養育費/配偶者費の盲点」
2. ラシュトン美紀
「教育資金:自己資金ゼロからの積立」
すし(Shinobu Sushi) & キャシュバー

日時: 2月10日(土)
場所: 23 Sheppard Ave. E (地下鉄駅1分、駐車無料)
参加費:$30(一般) $20(会員/サポート会員)
(セミナーのみ参加希望の方は別途お尋ねください)
参加申込/問合せ: apjw.info@gmail.com


野口ひろみ

日本語で法律相談ができるリーガルサービス
オンタリオ州公認パラリーガル
離婚/セパレーション(親権・養育費など)、不当解雇・賃貸トラブルなどの示談交渉、移住、起業相談、ビジネス、契約書、不動産、他

お問い合わせは hn@liuyan.ca (日本語) までお気軽にお寄せください。初回面談は無料
ダウンタウン(390 Bay St.) & マーカム(J-town隣)