ニューヨークでジャズバーに潜入

こんにちは、makiです。
ニューヨークの徒然旅行レポートの続きをお送りします。

皆さん、ニューヨークはジャズミュージックが盛んな街というのを知っていましたか?
ネットで検索してみると、実に多くのお店がヒットします。
ブルーノートなどは日本でもよく知られている名前ですね。
私は音楽の中でもジャズを聴いているのが好きです。なので今回はニューヨークでジャズバーに潜入してきました!

今回訪れたのは、Jazz StandardとSmalls Jazz Clubという2店舗です。
ジャズバーでは入店時にカバーチャージを払い、席に着きます。
お酒だけでなく、ガッツリとしたお食事ができる場所が多いです。

私が気に入ったのは2店舗目のSmalls。名前の通りとても小さいバーで、事前予約も受け付けていないため、チケットは早く店に着いたもの勝ちです。お食事もプレッツェルしか扱っていません。


公式HPを見ると「食事は済ませてからきてね(プレッツェルが食事だと思う人以外は)」や、「天使と魔法使いと聖人は料金無料」などの文章を発見。ユーモアたっぷりです。
入る前は緊張しましたが、いざ店に足を踏み入れると、なんとも落ち着く隠れ家の様な雰囲気。迫力のある重厚なリズムに打たれながら(本当に距離が近いので)ワインを片手にゆったり。
喧騒溢れるニューヨークの街で贅沢な夜のひと時を過ごしました!


リサーチしておいて行けなかったジャズバーもあるので、そこはまた次回。
個人的にミュージカルよりもこちらにはまりました。
ニューヨーク、ジャズバーレポートでした。