NY滞在記~不運の中日編vol1

こんにちは、yoshieです。
早速、NY滞在記続編をお送りしますね。2日目の午前中はゆっくり過ごし、まず向かったのは、細ながーいビルで有名な「Flatiron Building」と「Tiffany Street Clock」。


そして、2日目の宿に向かう途中、ウォールアートに立ち寄りました。East Houston Street沿いにある「Bowery Mural」というスポットらしいです。その道中でとっても可愛いウォールアートを発見しましたよ。


「Rag & Bone」という洋服屋さんみたいでこの壁紙は定期的に変わるようです。ここからすぐのところに目当てのアートがあるはずなのですが、、無い。でも何か、壁に描いている人がいる。


話を聞くと、絶賛ペインティング中とのことで完成は翌週。私いないよ~と嘆くとインスタで見られるわよ、ということで後日チェックすると、ご覧の通り完成されていました~!!

「LIFT YOU HIGHER」

さて、予定よりも時間が押してきたので宿に向かいます。迷わず行けば30分後の12時50分に着きそう。なのですが、ここから私の不運な半日が幕を開けます。まず、電車を間違え、宿に到着したのは14時。そして、荷物を置いてすぐに出掛けたいのに、鍵が開かない。オーナーに連絡を取りつつ、周囲の人に助けを求め鍵が開いたのは16時。開け方にコツがいるらしく、大変クセの強い鍵でした。結局、その後何度も試して自力で開けられたのはたったの一回きり、、、
airbnbは手軽に現地の暮らしを体感できる素敵なサービスですが、何か困った時の対応はホテルには敵わないなと感じた出来事でした。

さて、ご存知でしょうか、秋が近づくこの時期は日が沈むのは19時です。この日没までの3時間にダウンタウンで観光したことはまた次回。。