「読書の秋」に読みたい本|トロントの本屋さん【第32回】

 こんにちは!今月はOCS JAPANESE BOOKSTOREの大越がお送り致します。

 10月となりどんどん寒くなってきましたね~!日本でいうと10月は秋真っ最中ですが、トロントではあっという間に冬になっていきますね…。紅葉が綺麗な時期なので、モントリオールにでも旅行したいですね♡

 真冬になると外に出るのも億劫になるので、今のうちに色々と出かけてみてはいかがですか??

 さて、秋といえば読書の秋!ところで、なぜ「読書の秋」と言われているかご存知ですか??

 「読書の秋」と言われるようになったのは、秋の気候が読書に適しているからだといわれています。人が集中するのに最適な気温は18度前後で、湿度もない秋の気候がぴったりなのです!

 そこでこちらの本をご紹介。2018年本屋大賞1位に選ばれた作品です。生きづらさを感じているすべての人に贈る物語です。

かがみの孤城

辻村深月 著(ポプラ社)

 次はこちら!!最新作の連続テレビ小説、「半分、青い。」を小説で楽しんでみませんか?

 ドラマで放送されなかった、著者渾身のセリフも収録された完全版です!!上下巻あります。

 鈴愛役の永野芽郁さんとっても可愛いですよね~♡

半分、青い。

北川悦吏子 著(文藝春秋)

 またまた実写化された作品です。木村拓哉と二宮和也の初共演で今年8月に映画化されたこちら!!

 現行の司法制度の問題点を描いた「すぐれて社会的な司法ミステリー」になります!

 主役の2人のファンでなくても楽しめる作品です。ことらも上下巻の2冊になります。

検察側の罪人

雫井脩介 著(文藝春秋)

 ここで少しブレイク!くすっと笑ってしまう1冊です。公益社団法人全国有料老人ホーム協会が主催、選定する川柳の賞で選ばれた秀作を88句おさめた、大人気シリーズ第8弾!9月に発売されたばかりです。

 物忘れも、医者通いも、はたまたビミョーな夫婦関係も。シニア世代を中心とした、まさに人生の達人たちによる川柳傑作選。政治も経済も、暗い話の多いニッポン、お達者パワー全開の、笑えてしみじみ、そして家族で仲間で楽しめる1冊です。プレゼントにも大好評!

シルバー川柳8

全国有料老人ホーム協会・ポプラ社編集部 編
(ポプラ社)

 最後に紹介する本は、勿論漫画♫最近流行のTwitter発で書籍化された作品です!!

 ニーチェ先生と呼ばれる大学生・仁井智慧が、コンビニに押し寄せるクレーマーたちをバッサリと斬る姿は痛快そのものです!「お客様は神様だろぅ!?」とお怒りになったお客さんに対して、淡々と「神は死んだ」と返すシーンが特にオススメです♡なんと実写でドラマ化もされました!!

ニーチェ先生
コンビニに、さとり世代の新人が舞い降りた

ハシモト 漫画/松駒 原作(KADOKAWA)

 季節の変わり目で体調を崩さないようにしてくださいね~!ではまた来月お会いしましょう!


トロントにある日本の本屋さん
OCS OCS Japanese Bookstore

www.ocscanada.ca
3160 Steeles Ave. E(J-town内)

OCS Japanese Bookstore(J-town内)では、日本の本や雑誌を販売しております。話題の本はもちろんのこと、英語・その他言語のテキスト等も取り扱っています。店頭にない商品も、もちろん日本から取り寄せいたします。是非気軽にお越しください。