今トロントで話題の人気オイスター専門レストランOYSTER BOYが提供する “学べて・食べれる”レッスン SHUCK U に注目!!!

oyster-boy-shuck-u01

クイーンウェストに位置し、長年地元の人達から人気のオイスター専門店『OYSTER BOY』。カナダ東海岸と西海岸の新鮮なオイスターを取り扱い、その種類の多さとフレッシュなテイスト、オイスターに合うワインやカクテルとともに美味しいシーフードメニュー提供している。
そんな人気店が、週末に、オイスターの知識と殻剥きテクニックを学べて、最後には自分で開けたオイスターを食べながらワイワイと談笑できるというレッスンを行っていると聞き、これは日本人の読者もきっと好きだろうということで、さっそくTORJAスタッフのRikakoとChihiroが行ってきました〜!!!

TORJAスタッフ体験レポート

Rikako

Rikako

Chihiro

Chihiro


皆様、こんにちは!食べること大好きのRikakoです。同じくTORJAスタッフのCHihiroと一緒にOYSTER BOYの人気レッスン「SHUCK U」を体験してきました。

「SHUCK U」は約2時間のレッスンです。最初にオーナーのAdamさんとOyster MasterのChrisさんからオイスターの育ち方、繁殖方法、生活サイクル、季節による変化、オイスターの構造を教えてもらい、知識を深めます。

oyster-boy-shuck-u02
oyster-boy-shuck-u03

オイスターを学ぶ!

オイスターは、夏頃にメスが卵を産み、オスが精子を出して海中で受精します。幼虫は波に揺られ、たどり着いた先で強力な粘着成分を出して貼りつき、本格的な身入りの時期である翌年の秋にかけて丸々と太った牡蠣に成長していくそうです。欧米では、種を持つオイスター網状の円盤で採取します。ある程度大きくなると網籠に移し入れて育てて成長させます。この方式は日本の方式(ホタテ貝を使用し種を持つオイスターを海中につけておく)よりも身が大きくなりやすいと聞いて、オイスターの奥深さに参加者たちからも感嘆の声があがります。

カナダ産のオイスターは、その当時カナダの生産者が日本のオイスターを真似て育てたことが始まりで、中でも有名な“KUSHI”は、日本の牡蠣と比べると小ぶりですが、クリーミーでとても濃厚な味わいが特徴です。レストランや魚屋さんに行くと、中国人などアジアの人にも大人気ですよね〜“KUSHI”は‼

oyster-boy-shuck-u04

オイスターの知識を深めた後は、ついにShucking!

①まずは、オイスターを観察。オイスターは二枚貝でこの2つの殻は形状が異なります。一枚は深くくぼみ、カップ状になっており、もう一枚はこれに蓋をするようについています。

②カップ状になっている殻を上になるようにボードの上に置き、殻が開いたり閉まったりする部分(ちょうつがい)が見えるようしてタオルを使ってしっかり掴みます。殻はとても固く、素手で持つと危険なので要注意!

③ちょうつがいの部分に斜め45度くらいの角度からオイスターナイフを刺します。この時、ナイフが滑って手を刺してしまうことが多いので集中力が必要です!

④ナイフを刺し、何度が捻るとすっと中に入ります。力はあまり必要ありません。奥にナイフを入れすぎると牡蠣の身を傷付けてしまうので注意深く作業します。

⑤殻に沿ってナイフを滑らせていくと途中で止まるところがあります。そこが貝柱です。力任せではなく優しくカットします。

⑥貝柱が切れると自然と殻がオープンします!

⑦オイスターは二つの貝柱があります。牡蠣の身を傷付けないようにそっと身の横からナイフを入れて優しく殻から外します。

oyster-boy-shuck-u05
これで綺麗に殻を開けることができました!では、早速…が、その前に殻に溜まっている水を捨てます。そうしないとしょっぱすぎます。念のためオイスターの匂いを嗅ぎ、腐った匂いがしなければ新鮮そのもの。レモンを絞って食べてもとても美味しいですし、ワインビネガーベースの酸味が効いたソースやピリ辛のソース、甘めのトマト系のソースと合わせると、自分でオープンしたオイスターだという気持ちも重なって、とても美味しく味わえました。

オイスターにはやっぱりお酒!

oyster-boy-shuck-u06
oyster-boy-shuck-u07

美味しいオイスターを食べていると、自然と美味しいお酒も飲みたくなるものです。今回のイベントには、カナダで日本酒の普及と販売促進のための団体「Sake Institute of Ontario」のVP Knowledge & Educationを務める田尻さんが銘酒“山形正宗”のヴィンテージをマッチングSAKEとして用意。

口あたりがとても柔らかく、喉越しはしっかりとした風味を感じさせてくれます。特にカナダのオイスターとどちらも引き立て合う感じで相性バッチリでした!その他、OYSTER BOYオリジナルの“ブラッディ・シーザー”はタバスコや胡椒などのピリッとした感じとクラマトジュースがベストマッチでオイスターとともにグイグイいけちゃいました!

なんとも魅力なこの「SHUCK U」は、5月中旬から7月中旬までと9月中旬から3月中旬まで、週末に開催されています。カナダのオイスターについて知識を深めながら、さらに美味しいオイスターを味わいたいというアナタ、ぜひ参加してみてください。
OYSTER BOYの皆さん、本日は本当にありがとうございました。

参加者コメント



oyster-boy-shuck-u10

Renee Suenさん

楽しくオイスターを学べて、とても素晴らしいレッスンだと思います。Shuckingの技を身につけたことで、これからは自分でもオイスターを楽しむことができると思うとワクワクします。



oyster-boy-shuck-u11

Tara Mahoneyさん

Shuckingは今まで一度もやったことがありませんでした。今回このレッスンで方法を学び、実際にやってみてとても楽しかったです。自分でオープンしたオイスターはとても美味しかったです。



oyster-boy-shuck-u12

Sara d’Amatoさん

AdamさんとChrisさんのテクニックを見られて今日はとても素晴らしい日でした。日本酒もクオリティが高く、香りもフルーティーでベストマッチでしたね。



oyster-boy-shuck-u13

Andres Marquesさん

このレッスンはエンターテイメントがあって、楽しくて美味しいね。オイスターの説明にとても刺激されて、みんな沢山のオイスターをオープンして楽しそうでしたね。

オーナーのAdamさんとOyster Master のChrisさんから読者のみなさんへ

オーナーのAdamさん

オーナーのAdamさん

Chrisさんは日本語も少し話せてとてもフレンドリー

Chrisさんは日本語も少し話せてとてもフレンドリー

この「SHUCK U」はオイスターの殻を剥く方法を知らない人が多く、たくさんの人に知ってもらいたいと思って始めました。また日本人の方はオイスターがとても好きだと知り、もともとレストランにもたくさんの日本人の方も来てくれていますし、Chrisも日本語が少しできることもあって、是非みなさんに参加してもらいたいと思っています。オイスターの魅力を楽しく美味しく一緒に体感しましょう!

Oysterboy.ca 872 Queen St. W / 416-534-3432
Hours : Mon~Wed 5-10pm,Thu~Fri 5-11pm, Sat 3-11pm,Sun 3-10pm