カナダで働く日本人たち 10回目 恭子 マクエスチョンさん

「カナダで働きたい」−−。そんな思いを抱いてカナダへと渡航した、またはこれから渡航しようと考えている人は多い。ここでは、パソナカナダの協力の元、カナダで働く日本人たちを紹介している。現在活躍している先輩たちのキャリアや現在の仕事内容、さらにその職場を選んだ決め手などを知り、今後の人生設計の手助けとなることを期待したい。

第10回目となる今回は、空気工具、電動工具を製造、販売しているHitachi Koki Canada Co. HR部門の恭子さんにお話を伺った。

pasona-canada-1001

■ 現在の仕事内容を教えてください

2016年の1月から、HRアドミニストレーター兼エグゼクティブアシスタント、というポジションを担当しております。主にはHRアドミニストレーターとして、採用に関する一連の業務のサポートや採用後のトレーニング、また従業員に何か問題が発生した場合の各ケースに対する適切な処理などを行っています。エグゼクティブアシスタントとしては、セールスのリポート作成を始め、要求された事項についてのリサーチとレポート作成を行っています。

■ 現在の職場で働くまでの経緯を教えてください

日本では英会話の講師と、通訳・翻訳の仕事に就いていました。しかし、以前からどうしても人類学を学びたい、という思いがありまして、ちょうどカナダにいた知人からゲルフ大学を勧められたことがきっかけで、同大学への進学を決めました。卒業後、パソナを通じて日系企業に就職し、そちらでは通訳の仕事、のちにセールスコーディネータとして働いておりました。その後、別の日系企業での短期の通訳の仕事を経て、現在の職場に勤務することとなりました。パソナとは、自分の要望を非常に細かくお話をさせていただいて、最適な職場をご紹介いただいたと思っています。

■ パソナのサポートはいかがでしたか?

こちらのニーズを詳しく、徹底的にヒアリングをした上で、最適な職を紹介してくれるという点で大きな信頼を置いています。今回の就職にあたり、私としては、これまでコーディネータやアドミニストレーターアシスタントとして働いてきた経験を活かせること、日本語と英語の双方を使って仕事ができること、という2点を希望として伝えておりましたが、この点も非常に細かく聞いた上で今の職場をご紹介いただきました。

また、現在HRを担当している立場から、パソナに人材の紹介をお願いすることもあります。同じように、弊社が求めているものを非常に細かく聞いて、細部まで判断した上で、最適な人材を紹介してくれます。とてもきめ細やかなサービスは格段にカナダの他の人材派遣会社とは違っている点だと思います。

pasona-canada-1002

■ HR部門という今までに経験のない部署で働くことは大きなチャレンジだったのではないでしょうか。

確かに、カナダでは「経験」が大変重要になってくると思います。最近は不況ということも相まって、企業側がお金をかけて訓練を受けさせている余裕はありません。とにかく経験があって、即戦力になる人が欲しい、というのは多くの企業の本音だと思います。今回のお話をいただいた際、パソナには、私にはHRのバックグラウンドは無いということはお伝えしましたが、これから仕事をしていく中で勉強をさせてくれる、という力強い言葉をいただき、チャレンジすることを決めました。

実際に今の職場では、上司が勉強する機会をたくさん与えてくれています。実質的なペイロールだけではなく、例えば会社が法的に求めているものをリサーチする、などの機会にも恵まれて、非常に勉強になっています。指示されてリサーチすることもありますが、仕事をしていく過程の中で疑問を持った点について自主的に調べるなど、仕事をしながらたくさんのことを吸収して学び取っています。

現在は、職場の安全衛生を守る委員会のメンバーとしても職務を与えてもらっているので、新たな経験とともに、自らが勉強していくことで知識も蓄えることができています。知識がなければ上司にも提案・提言などもできないので、与えられた仕事をただこなすだけでなく、自らの努力がとても大切だと思っております。

■ カナダでのキャリアを築くことを考えている方たちにメッセージをお願いします。

自分で自分の限界を決めてはいけないと思います。カナダでは転職等には非常に「経験」を求められます。私自身、現在の職場に決まるまで10ヶ月程の期間が空いてしまいましたが、その間にもコミュニティ・カレッジなどに通い、ビジネスプランやアカウンティング、起業、プロジェクトマネジメントなどのコースやプログラムを受講しました。現在も安全衛生のコースを受講するなどしています。オプションを広く様々な分野に持ち、何でも興味を持ち、自らが努力し、訪れてくる機会に出会えるように準備をしておくことがとても重要だと思います。

恭子さんの上司に伺いました。恭子さんって、こんな人!

木下さん:彼女は非常に丁寧で、痒いところに手がとどくような形で仕事をしてくれます。HRとしての業務の傍ら、リサーチなども担当してもらっていますが、こちらの意図をくみ取ってまとめてくれるので非常に頼もしく思っています。HRについての経験はほとんどない、ということでしたが、持ち前の勤勉さでどんどん学んでいってくれています。現在、新しい経験として安全衛生の担当になってもらっていますが、今後もそうした新たな経験や知識をどんどん積んでいってもらえれば、さらにスキルある人材になってくれると思っています。