カナダの思い出を残す。おしゃれなチェキの飾り方に挑戦!|チェキで遊ぼう-2回目



 今回はチェキを撮ったその先、チェキをより楽しめる飾り方に挑戦してみようと思います。
 写真が綺麗に撮れたら、おしゃれに飾りたいですよね。そして、ただ飾るだけではなく、写真を撮った時の思い出が蘇るような飾り方をしたいですよね。

ということで、今回は旅行の思い出をテーマに、よりおしゃれでより思い出が残るような飾り方を考えてみました。

飾り方その1:地図にチェキを貼り付けてみる


 旅行の必需品といえば地図ですよね。今やスマホで地図が見られる便利な時代ですが、アナログの地図も味わい深いです。そんな、アナログな地図✖アナログなチェキの組み合わせでおしゃれな飾り方を目指してみました。

 トロントのダウンタウンの地図を使用して、チェキで撮影した名所を地図に貼り付けて旅記録のイメージで作りました。チェキを地図に貼り付ける時はマスキングテープを使用。チェキの向きをきっちり真っ直ぐに貼るのではなくちょっと雑に貼ってみたり、マスキングテープもちょっと雑に千切ってみたりすることで、ラフなおしゃれ感を演出しているところがポイントです。

 また、余白に文字を書き込めるところも、チェキの楽しみ方の1つ。今回は旅記録のつもりなので、各名所の名前を書いてみました。場所の名前ではなくても、一言で感想や印象に残った出来事を書き込んでおくとより鮮明に思い出を残せるのでおすすめです。

飾り方その2:コラージュにして額縁に入れてみる


 インスタグラムでも複数の写真をおしゃれにレイアウトして、1枚の写真にするコラージュ写真の投稿がおしゃれで人気ですよね。複数の写真をレイアウトするなら簡単におしゃれな作品ができそう!ということでアナログでも挑戦してみました。

 今回はトロントの色んな場所で撮影したフォトインフォトの写真をコラージュにしてみました。色はそれぞれバラバラですが、全て4✖4のサイズで合わせ、さらに構図もチェキが写真の中に入ることで統一できているので、まとまった印象に仕上がりました!他にも、赤系や青系など色を合わせてみたり、子供やペットなど全て同じ被写体で作ってみたりなど、1つでも共通の要素を持たせると統一感のある作品になります。


 左下にアクセントを入れたのは、きっちりと9つの写真が並んでいる完璧すぎる構図を少し崩したかったためと、今回のテーマに沿ってカナダに行ったことをより印象づけるためです。自分で「カナダ旅行の記録」とわかるように一言書き添えても良いですし、ポストカードやチケット類など旅先でゲットしたものを写真と一緒に飾ってもより思い出が残る作品になります。

スマホdeチェキ編
コラージュチェキを作ってみる

左:トロントらしい風景を4枚チョイス 右:同じ被写体の写真を3枚コラージュ!


 スマホdeチェキのテンプレートを変更すると、1枚のチェキに複数の写真が入った、コラージュチェキのプリントができます。テンプレートには縦横2分割~4分割そして9分割があるので、お気に入りの写真がたくさんあってプリントする1枚が決められない!という時にも便利な機能です。

 今回はお気に入りのトロントらしい風景を4枚選んで、ガチャガチャと色んな色と場所が混ざり合ったものと、コーヒーカップという同じ被写体を同じ構図で3枚集めた、統一感のあるコラージュチェキを作ってみました。


 チェキ1枚ならスマホケースの中や手帳や日記の間など、いつでも見返せる場所に入れやすいので、お気に入りの写真をコラージュチェキにして自分の身近な場所もチェキで飾ってみましょう!

 今回はチェキをもっと楽しめる飾り方を紹介しました。撮影したその場ですぐプリントされるチェキだから、飾り方も工夫してより思い出に残る1枚にしたいですよね。今回紹介した飾り方は全てとても簡単にできて、材料も手軽に集められるものばかりなので、ぜひ挑戦してみてくださいね。


製品紹介HP

instax SQUARE SQ6製品情報: instax.jp/sq6/
もっと詳しく知りたい方は Fujifilm.ca/instax


cheki-instax-share09
アプリは下記にて無料でダウンロード出来ます!