のどかな美食エリア prince edward county(プリンス・エドワード・カウンティ)

prince-edward-county01
トロントから東へ約120km、オンタリオ湖から飛び出した島のような一体がプリンス・エドワード・カウンティだ。名前からも想像できるように、18世紀アメリカ独膣戦争後に独立を嫌う英国王党派『ロイヤリスト』達がアメリカから移り住んで、この土地を開拓した。なだらかで広い田園と、青く輝くオンタリオ湖など、昔ながらで素朴な風景が沢山残されている。

古くから良質な土地を活かした野菜やフルーツを作っていたが、近年この土地の新鮮な食材が注目を集め大都市で働くシェフが続々とレストランをオープンしている。また、安全性を追求したオーガニック農場やチーズ工房、ブドウ栽培に適した地質と気候を活かしたワイナリーも増えている。現在ではオンタリオだけでなくカナダでも有数の「美食」の場として注目され、食を巡るドライブルート「テイスト・トレイル」も作られたほどだ。

アクティビティ情報

prince-edward-county05

prince-edward-county02
prince-edward-county03
prince-edward-county04

sandbanks provincial park

■ウォーターアクティビティ各種

プリンス・エドワード・カウンティの南部、オンタリオ湖に面して黄金の砂浜が延々と続くとてもさわやかな場所。10~20mほどの高さの丘が続いており、淡水湖に面した砂丘としては世界最大の規模である。夏にはビーチでは水遊びやピクニック、バーベキューを楽しむことができる。特別なカヌールートがあるわけではないがSUPやカヌー、ボートなど様々なウォーターアクティビティに挑戦できる。

■ドライブ

オススメはのどかな田園風景とまぶしく輝くオンタリオ湖が紅葉の木々の間から覗くロイヤリスト・パークウェイ。途中の農家でりんご狩りを楽しんだり、ワイナリーに立ち寄ったりと自由に過ごすのが◎。

美食巡り

prince-edward-county06
レストランだけでなく、オーガニック農家やチーズ工房、ワイナリーなど美味しいスポット情報が詰まっているのがテイスト・トレイル。ウェブサイトでは気になるスポットをリストに入れて宿泊施設などスタート・ゴール地点を決めることでオススメのルートを作り上げてくれる。またウェブサイトではギャラリーやクラフト工房などのアート・トレイルも取り上げており、食欲の秋・芸術の秋を満喫できる。

artstastetrail.com

宿泊情報

the waring house

prince-edward-county07
prince-edward-county08

1860年建造の建物を中心とした歴史あるカントリー・インのハウス。古き良き時代のリゾートを思わせる木造の建物は雰囲気はもちろん満点で、庭園も見事なものである。広い敷地内にはキッチンやリビングルームがついた新しい棟もあり、こちらは長期滞在に便利。ダイニングルームも人気で、ローカル食材を活かした料理はトロント周辺からこのハウスにわざわざ食べに来る人もいるほどである。木曜日と日曜日にはシェフによるクッキングクラスもあり、旅行者だけでなく地元の人々にも人気で、本格的な料理を食べるだけでなく、シェフから教えてもらい自分の手で作ることができる、一石二鳥な場所だ。

395 Sandy Hook Rd, Picton
613-476-7492 / waringhouse.com

claramount inn & spa

prince-edward-county09
prince-edward-county10

プリンス・エドワード・カウンティのダウンタウンであるピクトン・ハーバーを見下ろす位置にある、優雅なカントリー・インのホテル。20世紀初頭に建てられたヨーロッパのマナーハウス風の建物である。内部にはそれぞれにデザインの異なるスイートタイプの部屋が7室ある。さらにガーデンを挟んだコテージにも3室あり、広々とした部屋が用意されている。

ゆったりと食事ができるレストランはとても人気で、自家製のパンやジャムなどが有名な朝食、夕食ともに宿泊客以外も利用可能。宿泊する時間はないけれども、しっかりと食事をしたい方には嬉しい場所だ。また、温室のようなスパでは、さまざまなトリートメントメニューが用意されているので、旅で疲れた体を休めることができる。

97 Bridge St, Picton
1-800-679-7756 / claramountinn.com