食文化の融合 マリアージュレストラン

多民族都市トロント。食文化も豊かなこの地には多国籍の文化が融合したレストランがたくさんあります。今回はそのマリアージュが見事に料理にあらわれているレストランをピックアップしました。

R&D(アジアン×カナダ)

restaurant160706
restaurant160707

restaurant160701

restaurant160704
restaurant160703
restaurant160702
restaurant160705

オーナーシェフは、人気テレビ番組“マスターシェフカナダ”で優勝したことがあるEric Chong氏。伝統的なアジアン料理にカナディアン・テイストを加えた創造性あふれる料理を作り出している。
241 Spadina Ave / 416-586-1241 / rdspadina.com

Bloom Restaurant(スペイン×ラテンアメリア)

restaurant160709
restaurant160708
Bloor West Villageの中心に位置するBloom Restaurantでは、スペイン料理とペルー、アルゼンチン、キューバ、メキシコなどのラテンアメリカ料理のフュージョン料理が楽しめる。“ローストポーク&ブラックビーンライス”や“パエリア&南米のパン・アレパス”を融合させた料理のほか、カルパッチョ・ラムシャンク・パスタなどにラテン・テイストを取り入れたメニューなど好奇心をそそられる料理ばかり。シェフのPedro Quintanilla氏は、故郷のハバナでフランス大使館の料理長を務めるなど、豊富な経験の持ち主。彼の料理への情熱が生まれたのは、幼い頃にその場にあるもので美味しいものを作ることを教えてくれた祖母の影響だそうだ。その祖母のBread Puddingのレシピにグアバ、キャラメルなどを加えたオリジナルメニューも提供されている。お店の雰囲気は、温かく、フレンドリーな接客なので、居心地の良さも抜群。毎月最終木曜日にはLive Music Nightsと題したジャズやワールドミュージックの演奏が聴ける。
2315 Bloor W / 416-767-1315 / bloomrestaurant.com

Windup Restaurant(トリニーダトバコ×カナダ)

restaurant160710

restaurant160711
restaurant160712
restaurant160713
restaurant160714
restaurant160715

トロントにいるたくさんのカリビアン出身の人々のためにオープンしたレストラン。トリニーダトバコで生まれ、トロントで育ったシェフBryan Birch氏の作り出す料理は、カリビアンの影響を強く受けている。ココナッツシュリンプのサラダやカレー風味のヤギ肉のRotiにマンゴー・ピクルスを加えたものなどユニークなメニューが目白押し。
382 College St / 647-349-6373 / winduprestaurant.ca

Green Earth Vegan Cuisine(アメリカ×イタリア×メキシコ×中国×タイ×ベトナム)

restaurant160717

restaurant160718
restaurant160719
restaurant160720
restaurant160721

restaurant160722

100%ビーガンのレストラン。アメリカ・イタリア・メキシコ・中国・タイ・ベトナムの料理の要素を取り入れたビーガン料理は、ヘルシーでファンも多い。ベジタリアン料理に対する深い興味から生まれたこのレストランは、大豆などから作られたパティを使ったベジタリアン・バーガーが人気。その他のメニューも新鮮でオーガニックの食材にこだわっているとのこと。
385 Broadview Ave / 416-778-9199 / greenearthvegan.com

70Down Restaurant(アフガニスタン×カナダ)

restaurant160716
アフガニスタンから離れ、様々な国を旅し、それぞれの国の料理や文化を学んできたオーナーが、最終的にカナダに移住し、一族の夢でもあったアフガニスタン・レストランをオープン。アフガニスタン料理を中心としながらも、カナディアン・テイストが盛り込まれた料理は非常に興味深い。
70 Yorkville Ave / 416-323-3696 / 70down.com