虹色の輝き

読者の皆様こんにちは。

6月は終わってしまいましたが、先月はPride Month。LGBTQ(性的少数者)の方々のパレードに行ってきました。

Bloor-YongeからDundasにわたって大規模に開催されたこのパレード。当日はジャスティン・トルドー首相も参加されたとか。

尋常でない数の人々

私は昨年も拝見しましたが、企業や大学、機関など様々な団体からも参加されていて、本当にカナダ全体で盛り上がっている催し物であるという印象です。

有名企業も参戦!いいね!

虹にも国境はない。

パレード参加者は、もう何でもアリかと思うくらい多種多様で、本物の救急車が走ったりCommunity Busが走ったり。思い思いの音楽を掛け、思い思いの服装をして自分自身を表現していました。
中には全裸で行進していらっしゃる団体もいたくらいでした。日本では絶対考えられないですね。

TTCのバス。よく見るやつ!こういう所にトロントを感じる。

また、ボランティアスタッフをしていた方にご協力いただき、記念Tシャツの写真を撮らせていただきました。興味のある方は、来年以降応募してみてはいかがでしょう。

これは羨ましい

なお、7月16日は「七(7)色(16)の日」として「虹の日」に制定されているそうです。それも「人と人、人と自然、世代と世代が虹のようにつながる日に」との願いが込められているのだとか。
ここトロントから、LGBTQの方もそうでない方も虹のようにつながる世界になって欲しいですね。

また、昨年私はLGBTQに関するフリーハグをして、その様子がYouTubeに投稿されました。
是非一度ご覧いただければ嬉しく思います!
https://www.youtube.com/watch?v=ODCasvf3KSQ

皆さんは、虹に何を思いますか?