「新企会」創立40周年記念レセプション開催


 1978年に新企会が創立されて今年は40周年という節目を記念して、10月27日に日系文化会館でレセプションが開催された。当日は創立メンバーを始め、長年トロントの日系コミュニティを支えてきている方々が参加するとともに、伊藤恭子・在トロント日本国総領事も出席した。

■1978年に設立された 独立した非営利団体「

 同会はトロントを中心とする起業家や多様な分野の企業で活躍するメンバーで構成され、日系文化会館、トロント商工会などのカナダと日本を繋ぐ団体との活動にも積極的に参加するとともに、会員間のネットワークを通じビジネスの発展・向上を目指すことを目的としている。代表的な活動として、オンタリオ州弁論大会で相模原市と連携した奨学金制度の実施や、チャリティゴルフ大会や、専門家を招いて会計やタックスに関するセミナーや、日本酒セミナーなども開催している。

 レセプションでは、服部江理子会長がこれまでの歩みや現在の活動内容を紹介する挨拶を述べた後、伊藤総領事とゲーリー川口・日系文化会館理事長が祝辞を贈った。


 そして、初代会長の内藤豊得さんが発足当時の思い出話を語るとともに、長年会長を務めた松本ジェームス真一郎さんが新企会の意義やさらなる飛躍に向けて期待を込めたメッセージを述べた。また、オンタリオ州日本語弁論大会実行委員長の矢吹ソウ典子さんから新企会とともに企画した相模原賞が紹介されるとともに、受賞者の喜びの声などが語られた。

■山本宗一郎氏への総領事表彰の授与

 当日は、伊藤総領事から元新企会会長で、ユニラム・コーポレーション社長である山本宗一郎氏に対し、日系コミュニティおよび日系カナダ人社会への貢献と日本とカナダ経済交流などに尽力した功績を称え、総領事表彰が授与された。

■数々の余興で宴は終始賑やかに

 レセプション後半は、様々なエンターテイメントが催され、会場の盛り上がりはピークとなった。昨年結成されたヤングプロフェッショナルの会「MUSUBU」を代表してGreace Greavesさんのスピーチや、Greg Johnstonのギター演奏によるJulia Gotoさんによるジャズ演奏、そして若手グループによるバンド演奏や伊藤総領事とダブル洋子によるカラオケもお披露目された。会の終盤は色本信夫さんによる漫談で会場は笑いに包まれ、締めはシド池田さんによるハーモニカの演奏に合わせて合唱の中、和やかにレセプションは幕を閉じた。