バックパック1つでカナダ一周

backpack-01

異国の地に来たのなら、旅をして様々な人に出会い、言葉や文化に触れその土地ならではの食を楽しみ、風習を感じ取ろう。きっと君にしか見えない景色に出会えるだろう。


自由気ままに行けるとこまで行きたいバス派!
出来るだけ費用は抑えて、時間に追われず自由気ままに行先を決めたい人にはバスで移動するのがおすすめ。バスネットワークを駆使してカナダ全土を制覇!

列車の車窓からカナダの雄大な景色を 楽しみたい鉄道派!


■ 中距離バス


backpack-02

Greyhound Canada

greyhound.ca

カナダ最大のバス会社。以前まではディスカバリーパスという一定期間の乗り放題パスを販売していたが、現在は廃止。代わりにウェブ限定や事前購入の格安運賃を提供している。約1100のロケーションがあり、ブリティッシュコロンビア州、アルバータ州、サスカチュワン州、マニトバ州、オンタリオ州、ケベック州、ユーコン準州、ノースウエスト準州のエリアでバスを運行しているので、西から東まで主要都市間を移動することができる。


■ 乗合バス

Moose Travel Network

moosebus.travel(カナダ西部)/ moosetravel.com(カナダ東部)

バックパッカー向けに乗合バスを提供するツアー会社。カナダ東部では通常のバスツアーの提供だが、カナダ西部では自由度の高いFlexi-Passというシステムを提供している。このシステムは、4月~10月のシーズンの間、ツアーのルート上にあるバンクーバーとバンフで2日間から3、4か月間まで好きなだけ滞在でき、次の地点に移動したくなったらオフィスに連絡しツアーを再開できるというもの。宿の手配は各自で行う必要がある。


■ 地方バス

backpack-03

Coach Canada(megabus)

ca.megabus.com

ナイアガラフォールズ~トロント~モントリオール間を運行するバス会社。megabusブランドで1ドルからスタートする格安運賃を提供している。2階建てバスでWifiと電源が使えるので便利。

backpack-04

Maritime Bus

maritimebus.com

ケベック州、ニューブランズウィック州、プリンスエドワードアイランド州のエリアを運行するバス会社。ノバスコシア州のハリファックス、プリンスエドワード島にあるシャーロットタウンなどへも行くことができる。


backpack-05

Pacific Coach Lines

pacificcoach.com

ビクトリア~バンクーバー~ウィスラー間を運行するバス会社。ビクトリアに行く際は、フェリーに乗り継ぐので、フェリーのチケットも買い忘れないように注意しよう。バンクーバー空港に唯一チケットカウンターを持っていて、空港からビクトリアへのルートも運行する。

backpack-06

Orleans Express

orleansexpress.com

ケベック州のエリアを運行するバス会社。モントリオール~ケベック~ガスペ間を走り、リビエール・デュ・ルーまで行けば、アトランティックカナダの足であるMaritime Busに乗り継ぐことができる。バスではWifiと電子機器が使用可能。


backpack-07

Saskatchewan Transportation Company

stcbus.com

サスカチュワン州のエリアを運行するバス会社。レジャイナ、サスカトゥーン、プリンスアルバートにターミナルがあり、レジャイナとサスカトゥーンではWifiを使用することができる。

backpack-08

Red Arrow

redarrow.ca

アルバータ州のエリアを運行するバス会社。フォートマクマレー~エドモントン~カルガリー~レスブリッジ間を縦断する際に利用したい。バスではWifiや電源、革張りのシートやバス内の映画上映などのサービスを提供。


backpack-09

Tofino bus

tofinobus.com

バンクーバー島内を運行するバス会社。バンクーバーやビクトリア、ナナイモからトフィーノ、ユクルーレット、ポートアルバーニへのルートを運行。サーフィンやホエールウォッチングを楽しむなら、ぜひともトフィーノやユクルーレットまで足を伸ばしたい。


■ 列車

backpack-10

VIA Rail

viarail.ca

  • Canrail
    鉄道で自由に移動する際に便利な鉄道パス。全て使用開始日から60日間有効で、利用回数(7回、10回、無制限)やサービス内容によってパスのグレードが異なり、ラウンジの使用や全席が予約可能となるエクストラや何度も乗り降り可能のアンリミテッドがある。また、Canrail Pass Corridorという21日間有効のケベック~ウィンザー間のエリア限定パスもある。
  • Youth Summer Path
    夏期限定の鉄道パス。12~25歳のユースと国際学生証を持つ26歳以上が対象。パスの内容はCanrail Passと同じだが、割安な価格に設定されている。

■ B&B

ベッド&ブレックファーストの略で、朝食付きで個室を提供する宿泊施設。日本でいう民宿に近い。
現地に長く住んでいるオーナーも多く、ガイドブックに載っていない情報が得られることもある。フレンドリーなオーナーの場合、朝食の好みに対応してくれたり、自転車を貸してくれることもあり、バックパッカー同士とは違うコミュニケーションを取ることができる。

BBCanada

bbcanada.com

1995年に開設されたカナダで最初のB&B情報検索サイト。カナダ全土のB&Bを検索することができるので、ノースウエスト準州やニューファンドランド州などの宿泊施設も見つけることができる。


■ ホステル

バックパックで旅行するときによく利用される宿といえば、ホステル。相部屋のドミトリータイプから個室まであり、ホテルやB&Bと比べて格安の料金が魅力。ドミトリーは相部屋の人数が多くなるにつれて宿泊料金が安くなる。通常、トイレとシャワーは共同で利用する。

Hostelling International-Canada

hihostels.ca

国際ユースホステル協会に加盟するカナダのユースホステル協会。80年以上の歴史がありブリティッシュコロンビア州からプリンスエドワードアイランド州まで約60のユースホステルを展開している。会員制の為、基本的にはユースホステル協会の会員証が必要だが、会員ではなくても宿泊できる場所もある。ただし、会員証を持っている場合、会員価格で宿泊できることやグレイハウンドバスのチケットも会員価格で購入することができる。

Backpackers Hostels Canada

backpackers.ca

トロントやビクトリア、ハリファックスを含む85以上の市町村にあるホステルで構成するネットワーク。
ホステルの数は140以上あり、ウェブサイトではホステル以外に大学やカレッジの寮、キャンプ場、格安ホテル、B&Bなどの宿泊施設も検索することができる。

(Visited 2,282 time, 1 visit today)