ブリッジス・インターナショナル保険事務所に注目!!

オンタリオ州唯一の日系カナダ保険代理店
ブリッジス・インターナショナル保険事務所に注目!!

biis-01

ブリティッシュコロンビア州で10年以上の実績を持つブリッジス・インターナショナル保険事務所(以下BIIS)は、オンタリオ州で唯一の日系カナダ正規保険代理店。海外旅行保険、歯科医療保険に加え、個人やビジネス向けの損害保険も取り扱っている。事務所はBay駅、Museum駅、St. George駅それぞれからほど近いBloor StとQueens Parkの交差点に位置しており、日本語を話せるスタッフが常駐している。日本人のニーズを理解し、さらにカナダの現地事情に精通している。スタッフ全員が一般損害保険免許あるいは傷害疾病保険免許を持ってカスタマー・サービスをしており、複雑な保険の相談も安心して受けられるのが魅力だ。

今回注目したいのは個人やビジネス、それぞれのケース毎に内容が大きく変わってしまう損害保険。個人・ビジネスそれぞれにどのような保険があり、何が補償されているのかまずは簡単に紹介しよう。


■ ビジネス編

個人商店から大企業まで事業の形態やサイズを問わず、さまざまな災害や訴訟から収入や資産を守ることを目的としているのが損害保険。損害補償の対象になるものは様々で、基本的には個々の事業に合わせて複数の保険内容を組み合わせるのが一般的だ。また、ある特定の業種によってはパッケージ保険もあり補償内容が総合的になる場合もある。

●事業活動包括保険
その名の通り、それぞれのビジネスを取り巻く様々なリスクを包括的に補償するパッケージ保険。以下3つの保障が根幹となっている。

「物損害補償」
火災、盗難などによる自身の資産に対する「物損リスク」
<例>
・火災による在庫品、設備などへの被害や損失
・水道管の破裂による在庫品等への被害

「損害賠償補償」
お客のケガや物損などに対する「損害賠償リスク」
<例>
・濡れたフロアで転倒し、ケガを負った
・火事により貸主の建物に被害を与えてしまった

「休業損害補償」
「物損リスク」によって失われるビジネス活動に対する「休業損失リスク」
<例>
・火災に伴う改修工事のため1ヶ月閉店中の収入損失

他にも業務上のミスにより、相手に与えてしまった経済的損失に対する賠償責任を補償する「過失怠慢賠償責任保険(E&O保険)」や取締役や監査役などの団体役員が、その業務遂行に伴い行った行為や判断などに起因して株主、従業員、その他第三者から損害賠償を請求された場合に備える「団体役員賠償責任保険(D&O保険)」などがある。保険料は1.資産価値、補償金額、2.事業内容と規模、損害賠償リスク、3.免責額、4.建物の様子、所在地、5.事業経験、過去の損害歴、6.保険料率の需給、7.保険会社のリスク引受限度額など、7つの項目を考慮して計算される。ケースごとに保険契約内容は異なり、事業内容や過去の損害歴によっては保険会社より加入条件を求められるケースもある。

ポイント:適切な保険契約を結ぶ鍵は被保険者の事業内容や補償すべき金額などの詳しい情報提供。


■ 個人編

個人向け保険で需要が高いのは生活の万が一に備える住宅保険。更に自動車保険もカナダでの生活には欠かせない。オンタリオ州は自動車保険がカナダ一高いこともあり、賢い選択が重要だ。また、勤務先にベネフィットがない人や自営業の人にとって欠かせない歯科医療保険は内容が複雑なのでしっかり自分に合ったものを見つける必要がある。

●住宅保険
戸建またはタウンハウス、コンドミニアムを所有している場合と賃貸している場合で補償内容が異なり、それぞれ様々なパッケージ保険が用意されている。予期せぬアクシデントによる賠償費用や修繕費などを補ってくれるものだが、保険の支払い対象となる分野は、細かく決められているのでしっかり確認することが重要だ。

ポイント:いくつかの条件を満たせば様々なディスカウントがあるのできちんと相談しよう。

●自動車保険
カナダ各州と同様、オンタリオ州でも強制保険の加入が義務付けられている。BIISでは強制保険(第三者賠償責任、事故傷害費用、無保険車傷害保険、無過失車両補償)のアップグレードに加え、オプショナルの車両保険や各種特約保険が用意されている。個人に合った補償内容の見直しなどで保険料節約にも繋がるので、更新の時にしっかり内容を再確認することが大切。

●歯科医療保険
OHIPでカバーされない、又は一部自己負担となる歯科医療費に適用でき、救急車、処方薬、歯科治療、専門医治療、理学療法などに適用できる。また企業など団体用のベネフィットとしての歯科医療保険も扱っている。それぞれプランによって補償内容や保険料が大きく変わるので自分に必要な補償内容をしっかり認識しよう。

ポイント:内容が複雑なのでプロとしっかり話し合おう。

保険は一度契約を結べば良い、というものではなく、生活や仕事の変化に合わせて内容を吟味し直す必要がある。BIISなら日本語スタッフが難しい保険内容も日本語で説明してくれる上に、細やかなサービスで対応してくれる。もし車や家を購入した時から保険内容を見直していないのなら、この機会にBIISへ相談してみてはいかがだろうか?