カナダで開催される毎年恒例の世界大会も見逃せない!

Honda Indy
7月14日~16日

canada-world-tournament01
canada-world-tournament02

canada-world-tournament03
canada-world-tournament04
canada-world-tournament05

北米最高峰となるモータースポーツイベント、インディカーシリーズのトロント大会である。インディカーシリーズは年間16レースが行われ、時速300キロを超える圧倒的なスピードと迫力で人々を魅了している。昨年、30周年を迎えた同大会は、今年も7月14日~16日にトロント・エキシビションプレイスで開催される。

2016年大会では地元トロント出身のヒンチクリフ選手が3位と表彰台に上り、大会を大いに盛り上げた。日本勢では佐藤琢磨選手が予選20位から、猛烈な追い上げを見せて5位入賞を果たした。ぜひ会場で、その迫力、緊張感を味わって欲しい。

RBCカナディアンオープン
7月24日~30日

canada-world-tournament06

canada-world-tournament07
canada-world-tournament08

RBCカナディアンオープンとはカナダ・グレアビーGCで開催されるゴルフのナショナルオープンであり、今年は7月24日~30日に開催される。ゴルフカナダが主催し1904年にスタートした世界で3番目に古いオープン大会である。2016年大会ではベネズエラのジョナサン・ベガス選手が優勝した。日本からは昨年、岩田寛選手が、前々回大会には石川遼選手が出場している。

会場となるカナダ・グレアビーGCにはゴルフ殿堂という施設も併設しており、ゴルフの歴史も学ぶことができる。

スケートカナダ
10月26日~29日

canada-world-tournament09
フィギュアスケートのシリーズ戦が今年はレジャイナで10月26日~29日に行われる。グランプリシリーズ6大会の内の一つで、今大会は来年の平昌冬季オリンピックを控えた大切な戦いである。

2016年大会はミシサガで行われ、女子ではエフゲンア・メドベージェワ選手が金メダルを獲得。日本勢としては、宮原知子選手が銅メダルを獲得した。金メダルからは2007年大会の浅田真央選手以来遠ざかっており、今大会での金メダル獲得に期待したい。 一方、男子の前回大会はソチ冬季オリンピック金メダリストの羽生結弦選手がパトリック・チャン選手に敗れ惜しくも銀メダルとなった。羽生選手にとって今シリーズはオリンピック連覇へ向けた大事な戦いであるため、ぜひ、カナダ大会金メダルで弾みをつけて欲しい。

ロジャーズカップ
8月4日~13日

canada-world-tournament10
canada-world-tournament11
canada-world-tournament12

毎年モントリオールとトロントで男女開催地が変わるテニスのマスターズ大会ロジャースカップ。今年は男子が8月4日~13日にモントリオール・スタッドユニプリックスにて、女子は8月5日~13日にトロント・ヨーク大学内のアビバ・センターにて開催される。世界ランキング上位選手の出場が義務付けられている同大会では世界屈指の実力者が集まるハイレベルな大会として知られている。注目したいのはもちろん昨年TORJA特別インタビューにも登場した錦織圭選手だ。一昨年は準々決勝敗退、昨年は初の決勝進出を果たすもセルビアのノバク・ジョコビッチ選手に敗れ準優勝に終わった。確実にランクと順位をあげている錦織選手に今大会では日本人初優勝の快挙を期待したい。

カナダで錦織選手の「エアケイ」を見ることができる数少ないチャンスをお見逃し無いように。