コーヒーは飲むだけじゃない!トロントのコーヒースイーツを堪能しよう

今回はコーヒーを使用したスイーツにスポットを当てて紹介していく。もちろんコーヒーとの相性も抜群なので、コーヒー好きな方、スイーツ大好きな女性の方々、スイーツにあまり興味のない男性陣も是非、注目してみては。

1. マグカップで楽しむコーヒーはもう古い?!
コーヒーコーン

器用にラテアートを描く


南アフリカ共和国・ヨハネスブルクにあるThe Grind Coffee Companyにて生まれた最新コーヒースイーツ。チョコレートでコーティングされたアイスクリーム用コーンに、コーヒーを注いだものがコーヒーコーンと呼ばれるようになった。このお店の看板商品のコーヒーコーンを飲んだ人たちが写真をSNSに投稿したことから世界に拡散。現在、トロントで最も熱いコーヒースイーツの一つ。

コーヒーコーンが楽しめるのは・・・

Balzac’s Roasters

1997年創業のBalzac’s Roastersはカナダ国内に13店舗、トロント市内に6店舗の支店を構えている。それぞれの店舗が街の一部に溶け込んでおり、気軽に入れる雰囲気になっている。創業以来オーガニックなコーヒーや、ミルク、ココアを使用。またホスピタリティに力を入れており、気持ちのよい空間で、美味しいコーヒーやスイーツを楽しむことができるのが魅力。コーヒーコーンは今年の5月より販売開始したばかりの注目商品だ。

トロント各所 / balzacs.com

2. 話題の水出しコーヒーがスイーツに
コールドブリューフロート

コールドブリューとアイスの相性抜群


『コールドブリュー』とは淹れたてのコーヒーに氷を入れて冷やすという方法ではなく、十数時間かけて水でコーヒーを抽出する方法。なめらかな口当たりとまろやかな味わいが特徴だ。このコールドブリュー方式で淹れたコーヒーを使用したフロートが、今話題のコールドブリューフロート。通常のアイスコーヒーを使ったフロートよりも奥深い味わいが楽しめることで人気。

コールドブリューフロートが楽しめるのは・・・

Glory Hole Doughnuts

Glory Hole Doughnutsは手作りの焼きたてドーナツを毎日提供してくれる。カラフルな店内にはドーナツの甘〜い香りが漂い、ショーケースには目にも美しいドーナツたちが並ぶ。決して広いお店ではないものの、落ち着いた雰囲気を楽しむことができるお店といえそうだ。お店のインスタグラムにはおしゃれな写真がたくさん投稿されているので、そちらも是非チェックしてほしい。

1596 Queen St W / gloryholedoughnuts.com

3. 冷たいアイスと苦いエスプレッソの相性が抜群
アフォガート

カラフルなカップで可愛いアフォガート


アフォガートとはバニラ風味のアイスクリームやジェラートに飲料をかけて食べるスタイルのイタリアのデザートである。イタリア語で『溺れた』の意味だ。比較的カロリーが控えめで、ヘルシー志向の人にはオススメのスイーツ。エスプレッソ以外に抹茶やリキュール、紅茶など、かけるものを変えて出すお店もある。

アフォガートが楽しめるのは・・・

ED’s Real Scoop

ED’s Real Scoopはトロント市内に4店舗を構えるアイスクリーム屋さんだ。お店は90年代から創業して以来街の人たちに人気のお店である。貧しい家庭に生まれた創業者のエドさんによると、母親の素晴らしい料理や、家庭菜園に囲まれて育ったことが現在のアイスクリームやチョコレート作りに活かされているそうだ。これからの寒い季節は特にアフォガートとホットチョコレートがオススメだ。

2224 Queen St E(BEACHES店) / edsrealscoop.com

Boreal Gelato

Boreal Gelatoはエコフレンドリーなジェラート屋さん。環境保護へのこだわりから、スプーンやカップはUSED品、さらに包装紙などは生分解性を使う徹底ぶり。廃材やリユースのものを主に使って出来ているという店内は木の温かみと優しさを感じることができ、非常に居心地がよい。約10種類のジェラートの味が常に楽しめ、ジェラートの他にはクレープやアフォガートが人気の商品だ。

1312 Queen St W / borealgelato.ca

4. イタリアの定番スイーツといえばやっぱりこれ
ティラミス

リッチな味わいのティラミス


ティラミスとは北イタリア生まれのイタリア菓子の一種で、エスプレッソをたっぷり染み込ませたスポンジケーキとマスカルポーネチーズを用いたクリームを交互に重ね、冷やし固めたスイーツ。意外にもその歴史は浅く、出生地については諸説あるがヴェネツィア又はトレヴィーゾが有力な説とされているようだ。米国では70年代終わりからブームになり日本では90年代にブームが起きた。イタリア語で『私を元気付けて』という意味。

ティラミスが楽しめるのは・・・

Tre Mari Bakery

Tre Mari Bakeryはパンやピザを始め、スイーツも評判の地元民に人気のベーカリーだ。その歴史は1960年から始まっており、家族経営で受け継がれ、かれこれ50年以上街の人たちから愛され続けている。創業から変わらないパンのメニュー、ペイストリーやイタリア料理のケータリングまで幅広く展開。もう一つのリトルイタリーとされるコーソ・イタリア地区で本格派のイタリア料理とティラミスをご賞味あれ。

1311 St. Clair Ave W / tremaribakery.ca

Dessert Lady

Dessert Ladyは様々な部門で賞に輝いた経歴のある有名かつ実力派の洋菓子店。お店のメニューはケーキやパイ、タルト、マカロンなどバラエティに富み、選ぶのに迷ってしまうほどだ。また通常のメニュー以外に、ウェディングや、サンクスギビングデイ用など、催しに合わせてケーキやパイの注文が可能。家族や友達などの大切な人へのお祝いとしてDessert Ladyを訪れるのはいかがだろうか。

12 Cumberland St / dessertlady.ca