甘口・辛口イケメンに逢えるカフェ9軒

いくつになっても女子はイケメンが大好き!トロント市内のカフェで働く甘口・辛口なイケメンたちをご紹介。普段の生活に+αの楽しみを。あなたは甘いマスクとピリ辛イケメン、どちらがお好みですか?


甘口

Ryan Pikeさん(27) 8年前にニューファンドランドからトロントへやってきたというRyanさん。ideal coffeeで4年以上バリスタを務めている。オフには自転車で街を走ったりソフトボールをプレイしているそう。彼女アリ。

Ryan Pikeさん(27)
8年前にニューファンドランドからトロントへやってきたというRyanさん。ideal coffeeで4年以上バリスタを務めている。オフには自転車で街を走ったりソフトボールをプレイしているそう。彼女アリ。

ikemen-cafe03

Simoneさん(27)
イタリア・ローマ出身のSimoneさんはここSUDでの仕事を2ヶ月前からスタート。最近は毎日忙しくて趣味の映画鑑賞がなかなかできていないのだとか。SUDでの仕事が今の彼女なんだそう。

Charlesさん(28) chabichouのマネージャーかつバリスタの Charlesさん。休日は外でサッカーをしたり、自転車に乗ったり運動をするのがお気に入りの過ごし方だとか。読書も趣味のひとつでSFや歴史物がお気に入り。現在彼女募集中!

Charlesさん(28)
chabichouのマネージャーかつバリスタの Charlesさん。休日は外でサッカーをしたり、自転車に乗ったり運動をするのがお気に入りの過ごし方だとか。読書も趣味のひとつでSFや歴史物がお気に入り。現在彼女募集中!

Sean Macalisterさん(25) Sam Jamesで主に土日に働くSeanさん。生まれはカルガリー。バリスタの他にアーティストの一面も持っていて、コンテンポラリーアートの仕事もしているそう。(自慢の)彼女アリ。

Sean Macalisterさん(25)
Sam Jamesで主に土日に働くSeanさん。生まれはカルガリー。バリスタの他にアーティストの一面も持っていて、コンテンポラリーアートの仕事もしているそう。(自慢の)彼女アリ。

Andrey Malkovさん(31) ロシア出身のAndreyさんはベジタリアンで、同じくベジタリアンの妹さんと今年からこのお店を経営している。趣味は音楽でバイオリンやギター、ウクレレなどを奏でるのがお気に入りだそう。彼女ナシ。

Andrey Malkovさん(31)
ロシア出身のAndreyさんはベジタリアンで、同じくベジタリアンの妹さんと今年からこのお店を経営している。趣味は音楽でバイオリンやギター、ウクレレなどを奏でるのがお気に入りだそう。彼女ナシ。


辛口

Justinさん(36) Jonathanさんと共にお店を立ち上げたもうひとりのオーナーであるJustinさん。平日はハイスクールで数学の先生をしており、休日にこのお店の運営と毎日忙しい日々と過ごしている。彼女アリ。

Justinさん(36)
Jonathanさんと共にお店を立ち上げたもうひとりのオーナーであるJustinさん。平日はハイスクールで数学の先生をしており、休日にこのお店の運営と毎日忙しい日々と過ごしている。彼女アリ。

Jonathanさん(36) Slost & foundのオーナーJonathanさん。3年前にオープンし、友達でもあるJustinさんと共に経営している。趣味は芸術品のコレクションで様々なアートなものをコレクト中!いま彼女はおらずフリーだそう。

Jonathanさん(36)
Slost & foundのオーナーJonathanさん。3年前にオープンし、友達でもあるJustinさんと共に経営している。趣味は芸術品のコレクションで様々なアートなものをコレクト中!いま彼女はおらずフリーだそう。

Benさん(33) R Squared CafeバリスタのBenさんは、ここでの仕事の他にインテリアデザイナーとしての顔も持っている。オフにはお店からも近いTrinity Parkでゆっくりするのがお気に入り。パートナーは現在募集中。

Benさん(33)
R Squared CafeバリスタのBenさんは、ここでの仕事の他にインテリアデザイナーとしての顔も持っている。オフにはお店からも近いTrinity Parkでゆっくりするのがお気に入り。パートナーは現在募集中。

Gualtieroさん(21) Gualtieroさんがバリスタとして働くThe Bickford Flexitarianは、彼のお兄さんがオープンしたお店でGualtieroさんを含めた家族みんなで経営している。毎日ここで忙しく働いているそうだが、最近ジャパレスに行くのにはまってきたのだとか。パートナーアリ。

Gualtieroさん(21)
Gualtiero さんがバリスタとして働くThe Bickford Flexitarianは、彼のお兄さんがオープンしたお店でGualtieroさんを含めた家族みんなで経営している。毎日ここで忙しく働いているそう だが、最近ジャパレスに行くのにはまってきたのだとか。パートナーアリ。

Graeme Wallaceさん(23) SEVEN GRAMSのバリスタ Graemeさんは、音楽の博士号を持つミュージシャン。毎週日曜日お昼12時からの2時間、同店にてサックスのジャズコンサートを行いお客さんを楽しませてくれている。彼女アリ。

Graeme Wallaceさん(23)
SEVEN GRAMSのバリスタ Graemeさんは、音楽の博士号を持つミュージシャン。毎週日曜日お昼12時からの2時間、同店にてサックスのジャズコンサートを行いお客さんを楽しませてくれている。彼女アリ。


cafe01

ideal coffee
162 Ossington Ave. / 416-534-7700
idealcoffee.ca
Ossington Ave×Queen St Wのすぐそばにひっそりと佇む落ち着いたオレンジの外観が目印のideal coffee。コーヒー豆の香りが漂う静かで落ち着いた店内では時間を気にせずゆっくりと過ごせる。あなたの休日に、友達と、またはお一人でもリラックスをしに訪れてみて。

cafe02

lost & found
1255 Dundas St. W / 647-348-2810
shoplostfound.com
Dundas St Wに位置するLost & foundはファッションとカフェが融合したショップ。店名の由来は、たとえ物を無くしても誰かが拾い届け、再び戻ってくるこの街の人の良さから来ているのだとか。カフェにいながらメンズアパレルや小物などオーナーの2人がこだわり、セレクトした商品を楽しめる。

cafe03

SUD FORNO
716 Queen St. W / 416-504-7667
SUD FORNOは今年夏オープンした、人気イタリアンレストランTerroniプロデュースによるベーカリー&カフェ。入口近くのショーケースには美味しそうなパンやスイーツがたくさん並ぶ。また本場イタリアンのピザも味わうことができる。2階のカフェスペースでゆっくりランチに訪れるのもおすすめ。

 

cafe04

R Squared Cafe
668 Queen St. West / 647-344-8558
Queen St Wに位置するこのお店、何と読むんだろう?と看板を見上げたことがある人は多いかも。その名もR Squared Cafe。白を基調とした中に様々な絵が飾られている店内は落ちついていて、お友達とまたはおひとりでコーヒーを楽しむお客さんで毎日夜まで賑わっている。

cafe05

chabichou
196 Borden St. (at Harbord St.) / 647-430-4942
chabichou.ca
Harbord Stにあるchabichouはコーヒーからスイーツ、チーズそしてデリまで幅広いメニューのフレンチスタイルのカフェ。店名はお店のチーズから名付けられたというだけあって、店内のショーウインドウの中には様々なチーズが所狭しと並んでいる。こだわりのチーズを使ったサンドイッチは絶品。

cafe06

The Bickford Flexitarian
326 Harbord St./ 416-535-7717
thebickfordflexitarian.com
店名のFlexitarianという聞き慣れないこの単語はベジタリアン、ビーガンの食事を主とし、たまに肉も食べると言う意味だそう。その名のとおりどんな方でも外食するのに困らないお店を目指したこのカフェではたくさんの選択肢を持つことができる。数ヶ月前にオープンしたばかりの今注目のお店。

cafe07

Sam James Coffee Bar
297 Harbord St. / 647-341-2572
samjamescoffeebar.com
トロントに3店舗ある人気カフェSam James Coffee BarのオリジナルストアHarbord Shop。ダイヤのマークがモチーフのこのお店の店内は、シンプルでこじんまりとしていて、そしてどこか懐かしい雰囲気が特徴的。美しいラテアートが施されたこだわりのカプチーノは一度飲んでみる価値あり。

cafe08

SEVEN GRAMS ESPRESSO BAR
131 Avenue Rd. / 647-351-1317
sevengrams.ca
Yorkville、Avenue Rdに位置する SEVEN GRAMS ESPRESSO BAR。その名前は完璧なエスプレッソショットを作るためにはグラインドされたコーヒー豆が7グラム必要とされていることから由来しているのだとか。カフェは広々としていて地下スペースまであり、いろんな目的で訪れることができそう。

cafe09

HIBISCUS
238 Augusta Ave. / 416-364-6183
strikingly.com/hibiscus
ケンジントンマーケットに位置するHIBISCUSは完全ベジタリアン・ビーガンのカフェ・レストラン。平日でもお昼時には人気メニューのクレープなどを求めたお客さんで店内はいっぱいに。ベジタリアンの人はもちろんそうでない方でも満足できるボリュームと内容となっている。