I’m a SUBIE / クロスオーバーの先駆者 2017 Outback [SUBARU x TORJA]

2017 Outback 3.6R Limited with Technology Package

晩冬の陽射しと残雪が綺麗なアルゴンキンに映えるラピスブルーパール色のOUTBACK

晩冬の陽射しと残雪が綺麗なアルゴンキンに映えるラピスブルーパール色のOUTBACK

春から初夏にかけて大自然豊かなオンタリオのロードトリップは最高に気持ちがいい。長い冬が明け、 カナダの四季で一番美しいとも言われるこの季節は、是非ともちょっと遠出のクルマの旅をおすすめしたい。そしてロードトリップといえばやっぱりスバル。オンとオフを両立し、走破性の高さと安全性がスバルの代表的特徴だが、走る愉しさを感じるにはやはりデザインの美しさと車内空間の質感にもこだわりたい。

“大自然に映えるエレガントなクルマ。”

トロントはアートの街。グラフィティが描かれたオシャレな路地裏にもベストマッチ。明るくてビビッドなカラーは走っている姿もかっこいい

トロントはアートの街。グラフィティが描かれたオシャレな路地裏にもベストマッチ。明るくてビビッドなカラーは走っている姿もかっこいい


上質なワゴンとタフなSUVのクロスオーバーと評されるOUTBACK。伸びやかなルーフライン、堂々たる佇まいを損なうことなく力強く洗練されたデザインは、滑らかな形でヘッドライトやグリル、テールランプなどがバランス良く備わり、全体像はたくましく、そして美しい。また、ボリューム感とラギッド感が強調された足回りは、OUTBACKのSUVイメージをスタイリッシュに高めている。

このクルマと向き合えば向き合うほどその外観からはダイナミックな躍動感をヒシヒシと感じるとともに、ちょっと時間ができれば遠出してオンタリオの大自然に溶け込みたい気持ちになりたくなるほど、僕のライフスタイルに新たな彩りを持たせてくれている。そして何よりエレガントさだけでなく、力強さと堅実さが魅力的に融合されて引き出された圧倒的存在感は、このクルマを「買って良かった」と心から思えるほど全く飽きがこない。

インテリアも室内は広く、ゆったりした開放感に満ちている。質感あるレザーの前席と後席はもちろん、頭上、足元、肩、腰まわりにも十分な空間を感じることができる。7インチのタッチスクリーン式液晶画面をはじめとする直観的に操作できる機能を備えた現代的なインテリアは、運転席に座る僕が触れる部分は全て心地よく感じることができるよう、論理的に配置されている。 暖かくなると窓を開けて走るのも爽快感抜群なのは言うまでもないが、最高の音を届けてくれるハーマン・カードンのスピーカーから流れるお気に入りの曲を聴きながら、心地よい気分で運転できるなんてドライブ好きには最高としか言いようがない車内空間だ。

“とても実用的で ロードトリップやアウトドアを愉しむには最高の一言に尽きる。”

アウトドア好きには欠かせない広々としたカーゴスペースは満足度が高い

アウトドア好きには欠かせない広々としたカーゴスペースは満足度が高い


技術のスバルと言われるこだわりが詰め込まれたシンメトリカルAWDと6気筒3.6リッターの水平対向エンジン・SUBARU BOXERは力強い走りと雪道・悪路・オフロードでも抜群の安定感といった高い走破性を誇り、軽快でスポーティなハンドリングを提供してくれていることがカナダのドライブ・アウトドアファンの心を掴んでいることは間違いないだろう。さらにスバルの代名詞と言える安心・安全を追求したアイサイトの運転性能システムは、安全運転をアシストしてくれ、いざ活用してみると様々なシーンでとても役に立ち、その技術力に驚くだけでなく、とても心強い気持ちになれる。これもきっとまたスバリストだけが体感できる最高の特権であろう。