泊る編 モントリオール紹介

クリスマスホリデーを一日中しっかり遊びつくすのに大切なのが宿泊先。名の通ったチェーンホテルやこぢんまりしたB&Bも良いかもしれないが、今回TORJA編集部はちょっと贅沢したいあなたにお洒落なブティックホテルを2軒ご紹介。旧市街近くの好立地で安全なので夜はゆっくりロマンチックな時間をお楽しみ下さい。

Hotel Gault

外観

外観

角部屋は窓も多く眺めも最高

角部屋は窓も多く眺めも最高

シンプルさにこだわったレストラン

シンプルさにこだわったレストラン

ゆったりくつろげるロビー

ゆったりくつろげるロビー


449 Rue Sainte-Hélène, Montréal
514-904-1616 / hotelgault.com

ここHotel Gaultは1871年に建てられた建物の内部を一部改装して造られたブティックホテル。モントリオールのダウンタウンすぐ近くに位置し、その重厚な外観は街の歴史的景観にも一役買っている。5階立て、全30室のホテルは現代的でシンプルな装飾が施されている。それぞれの部屋は大きな窓から入る自然光に包まれ非常にやわらかい印象を受ける。各部屋では最新の薄型テレビやハイスピードインターネットが利用でき、iPadの貸し出しもしてくれる。ジムやスパも併設されていて、これからの寒い冬にはこれらホテル内の設備の充実ぶりが嬉しい。もちろん24時間のルームサービス、レストランでの食事もおすすめだ。モントリオールにそんなに詳しくなくてもコンシェルジュに聞けばきっと素敵なホリデーシーズンを過ごせるはず。

St Paul Hotel

外観

外観

大きな窓が特徴的な部屋

大きな窓が特徴的な部屋

洗練されたデザインのロビー

洗練されたデザインのロビー

ルームサービスも充実している

ルームサービスも充実している


355 McGill, Montréal

514-380-2222 / hotelstpaul.com

モントリオールで初めてブティックホテルとしてオープンし、旧市街すぐ近くという立地の良さ、雰囲気、家具、サービスなど全てにおいて高級感あふれる場所。120ある客室は火、氷、大地、海といった大自然をコンセプトに作られており、フロアーごとにそのコンセプトが変わる。大らかで落ち着いた雰囲気が好みなら大地や海のフロアー、燃えるようなロマンチックな雰囲気なら火のフロアーと、特別な時間を演出してくれること間違いなし。歴史的なボザール様式の建物にモダンなインテリア、いつの時代も愛されるアンティーク雑貨が上手く調和している。全ての窓が旧市街の方に面しているのでどの部屋でも素敵な眺めが期待できるだろう。ペットの連れ込みもOK(追加料金有)なので普段ペットを理由に遠出に二の足を踏んでいる人もこのホリデーはモントリオールに出掛けてみては?