トロントの本屋さん #19

今回のトロントの本屋さんはOCS JAPANESE BOOKSTOREの堀内が書かせていただきます。

さて、トロントはすっかり暖かくなってきましたね!半袖で過ごせるのがうれしいですね!夏はビーチ、キャンプ、BBQなどなど、やりたいことがいっぱいありすぎて時間が足りませんね!

あなたの1日を3時間増やす「超整理術」

高嶋美里 著(KADOKAWA)

時間が1日3時間増えたら何をしましょうかね?映画1日1本見てもまだ1時間くらい時間が余りますね。実際増えたところで何もすることがなさそうです…(だからいつまでたっても落ちこぼれという…)

天才たちの日課
クリエイティブな人々の必ずしもクリエイティブでない日々

メイソン・カリー 著・金原瑞人 訳・石田文子 訳(フィルムアート社)

そう、それなら天才と同じことをやれば私も少しは天才に近づけるのではないかということで、いくつか紹介してみましょうか。

「◆ヘミングウェイは毎日書いた語数を記録していた」
この文章はワードで入力していますが左下に文字数がずっと表示されています。このコラムあと千文字くらい必要…気が狂ってしまいそう…

「◆フロイトの散歩はたいへんなスピードだった」
私も歩くときは競歩か!?と、言われるくらい、早く歩いています。逆にゆっくり歩けません!

「◆バルザックは午前1時に起床しすぐに仕事をした」
起床も何もその時間はまだ寝ていません!

「◆ストラヴィンスキーは作曲に行き詰まると倒立をした」
これは出来そうですね。

「◆マルクスには金銭管理能力がなかった」
というよりも、金銭管理能力がないというのは日課なのですか?
ということで、フロイトの日課の散歩なら毎日できそうです!

フロイトの精神分析

鈴木晶 著(ナツメ社)

ちなみに歩くのが早い人は、「せっかちな性格を持った人」だそうです。そのまんまやないかい!

「歩き方には、その人の生活スピード、思考スピードも現れるので、歩くのが速い人は、頭の回転も速く、行動も速く、日常のリズムそのものが速い人です。」
おお!
「したがいまして、普通の人の何倍も濃い人生を歩んでいる場合が多いです。」
これからそうなるということでしょうかね?

「ただし、協調性がない場合も多く、非常にマイペースな人が多いです。また、競争心も強く、いつも他者と自分を比較する癖がついていますので、負けん気が強いですし、その結果、いつも焦っていて、せかせかしているのです。」
私の事を知っている方、私はそんな感じなのでしょうか?

「他の人と一緒に歩いているのに、せかせかと歩くペースを変えない人は、これはもう、完全にマイペースな人で、周囲の影響を受けにくく、独善的な傾向があります。」
完全に私ですね、これはいい意味で捉えていいのでしょうかね?

「逆に、普段はせかせかと歩くのに、他の人と一緒に歩いている時は、その人の歩調に合わせる人は、協調性も持ち合わせています。このような人は、頭の回転が速く、仕事もできる上に、協調性も持っているため、非常に優れた仕事をおこなえる人です。」
こちらではなかったようです!残念!

私個人の精神分析を誌面上で勝手に公開してみましたが、これが完全にマイペースな人で、周囲の影響を受けにくく、独善的な傾向ということでしょうか?誰か教えてください。

こういった精神分析?行動分析は大変面白いですよね。是非皆様も色々調べてみてはいかがでしょうか。

ところで今月は何の話をしていたのでしょうか?今から来る夏に胸を高鳴らせているという話でしたね。あと夏といえば怖い話ですね。

伊藤潤二傑作集10
フランケンシュタイン

伊藤潤二 著(ASAHI COMICS)

海外の怖い話を日本のテイストでこちらの方に紹介してみてはいかがでしょうか?このような絵が好きな人も結構いるようです!

恐ろしさのあまり、暑い夏も凍り付くような寒さになること間違いなしです!

それよりも、夏のTTCの方が背筋も凍るような寒さですかね!!
え!?このコラムの方が寒い!?また次号!?ごきげんよう!!

OCS Japanese Bookstore(J-town内)では、日本の本や雑誌を販売しております。話題の本はもちろんのこと、英語・その他言語のテキスト等も取り扱っています。店頭にない商品も、もちろん日本から取り寄せいたします。是非気軽にお越しください。