【第23回】コーヒーの本 | トロントの本屋さん

こんにちは!今回もOCS JAPANESE BOOKSTOREの大越がお送りいたします。

今回のテーマは「」ですね。皆さんはコーヒーお好きでしょうか?私は元々コーヒーは好きでしたが、カナダに来て更に好きになり、最近エスプレッソマシーンを購入しました♡

1冊目はこちらです!しろくまが経営しているカフェのお話で、しろくま以外にもパンダやリス、ペンギンなど可愛い動物達が出てきます。そしてこのしろくま、なんとカナダ生まれです!

ほんわかして笑える漫画ですが、コーヒーについても書かれていますよ~。

しろくまカフェ

ヒガアロハ 著(小学館)

コーヒーを自分で作ったり、知識を得たいということでしたらこちらはいかがでしょうか??

イギリスのドーリング・キンダースレイ(DK社)が出版したものを翻訳した本なので、お店紹介というような内容が中心の日本のコーヒー本よりも実践的な内容になっています。

COFFEE BOOK
コーヒーの基礎知識・バリスタテクニック・100のレシピ

アネット・モルドヴァ 著、丸山健太郎 監修、Anette Moldvaer 原著(誠文堂新光社)

カナダではまず見かけない物。それは缶コーヒー!!もちろんアジア系スーパーマーケットなどにはありますが、日本の様に自動販売機もあまりない国なので見ませんよね~。

スターバックスのビンの入れ物のコーヒーもありますが、なんだか違いますよね?

この本は世界で初めて「缶入りコーヒー」および「冷温兼用の自動販売機」を世に送り出した谷田利景が著者になります。

日本の缶コーヒーは種類も沢山あって新商品がぞくぞく発売されますが、原点となったポッカコーヒーはどうやって生まれたのでしょうか?気になりますね!!

成功は缶コーヒーの中に

谷田利景 著(プレジデント社)

コーヒーといっても沢山の種類がありますが、皆さんはどのコーヒーが好きですか?私はカフェラテが好きなので、バリスタの方がラテアートをしてくれるととっても嬉しいです♫

トロントにはビーツを使ったピンクなラテやカラフルラテなんかもあるんですよ!

エスプレッソマシーンを買ったのでラテアートに挑戦しているのですが、これがまた難しいんです…この本を読んで可愛いラテアートが出来るようになりたいものです。

それにしてもこんな細かいアートが出来るなんて驚きですね~!

ラテアート&デザインカプチーノ上達BOOK
プロが教える本格テクニック

篠崎好治 監修(メイツ出版)

と、驚いていたらなんと、3Dラテアートなんてものがあるんです!!

みてカワイイ!つくって楽しい!
3Dラテアート!!

山本員輝 著(集英社)

ど、ど、どうやって作っているんでしょうか!?飲むのをためらう程に良く出来ていますし、可愛いですね♡

作品集としてだけではなく、作り方も書いてあるみたいのなので、挑戦してみてはいかがでしょうか?

ではまた来月お会いしましょう~!!


トロントにある日本の本屋さん
OCS OCS Japanese Bookstore

www.ocscanada.ca
3160 Steeles Ave. E(J-town内)

OCS Japanese Bookstore(J-town内)では、日本の本や雑誌を販売しております。話題の本はもちろんのこと、英語・その他言語のテキスト等も取り扱っています。店頭にない商品も、もちろん日本から取り寄せいたします。是非気軽にお越しください。

(Visited 42 time, 1 visit today)