トロント最大中華系モールPacific Mall散策

Finch駅から53番のバスに乗って30分弱の所にあるのがPacific Mall。話には聞いたことがあっても遠くて出掛けたことが無い人も多いのでは。今回TORJA編集部はPacific Mallのバラエティに富んだその内部と、知る人ぞ知るグルメな一面をご紹介。


1階の魅力

携帯アクセサリーや雑貨などの小さなものから家電、ジュエリーなどの高価なものまで数あるお店が軒を連ねる。それぞれの通路には名前が付いているので行きたい場所にも迷わず行けるのが魅力。

pacific-mall-toronto-01

眼鏡屋さんの数が多く、それぞれが複数のブランドを取り扱っているので、お気に入りも見つけやすいはず。フレーム購入の際には視力検査をしてレンズも作ってくれる。度入りサングラスにも対応している。

pacific-mall-toronto-02

日本と比べると少々割高だが、日本のお菓子を取り扱っているお店もある。ご当地キットカットや限定アイテムもあり、かなり豊富な品揃え。カナダ人へのちょっとしたプレゼントにはもってこいだ。

pacific-mall-toronto-03

韓国系化粧メーカーHolikaHolikaを始め、化粧品が充実している。日本製品を取り扱っているお店や、オーガニック、男性用化粧品も品揃え豊富なので一度チェックしてみる価値あり。

pacific-mall-toronto-04

ぬいぐるみやフィギュアなどの雑貨や携帯アクセサリーの品揃えはトロント1といっても過言ではない。アニメや漫画が好きなカナダ人を連れて行けば喜ばれるはず。あなたのお気に入りも見つかること間違いなし。

pacific-mall-toronto-05

携帯会社やネイルサロンといったサービスも充実。アジア人ならではの丁寧で細かい作業で満足のいくネイルをしてもらえるはず。携帯電話の修理も受け付けているので困ったらここへ駆け込むべし。

pacific-mall-toronto-06

買い物のお供や休憩に、パブルティーショップが充実。トロントで人気を博しているChatime、Tea Shop 168を始め、白と黒のタピオカの入ったパンダミルクティーが人気のPresoteaもある。


2階の魅力

2階があることを知らない人もいるのでは。ここは知る人ぞ知る、隠れグルメスポット。まさに中国のような活気に溢れ、どこで食べようか目移りしてしまう。そんな方のためにTORJA編集部のおすすめをご紹介。
※現金のみのお店が多いのでしっかり準備して行こう。

pacific-mall-toronto-07

Prairie Lamb Kabob

中華系の焼鳥屋さん。ここでは牛肉、鶏肉、羊肉3種類の焼き鳥のみ取り扱っている。おすすめは名前の通りラム串。お好みでピリ辛にもしてくれる。

pacific-mall-toronto-08

Sun’s Kitchen

店頭で手打ち麺を作っているのがここ。瞬く間に伸ばされ麺ができていく様子は圧巻。ここで試してもらいたいのは担々麺。ピリ辛さとピーナッツソースがコシのある麺に絡んで最高!

pacific-mall-toronto-09

Potato Noodle Soup of Bai

台湾人一押し!もちもちした独特のポテト麺を使ったヌードル屋さん。おすすめは辛さの選べるShredded Duck with Potato Noodle。小腹が空いている人にはCold Noodle with Sesame Sauceも◎。

pacific-mall-toronto-10

Shark’s Fin City

フードコートにあるお店だが、その名の通りフカヒレを取り扱っている。店頭には豚や鶏の丸焼きも吊るされており、気軽に本格中華を楽しめるのが魅力だ。

pacific-mall-toronto-11

Fish Ball Place

香港スタイルのスナックが食べられる屋台。肉団子や練り物などが売られており、辛さも選べるので大人も子供も楽しめる。1本単位で買って、食べ歩くのが香港流。

pacific-mall-toronto-12

Others

フードコートには他にも多くのお店がある上に、更にガチャガチャやゲームセンターもあるので買い物、食事、遊びまでしっかりカバーされている。