資生堂カナダ 美容セミナーを開催

楽しいお手入れを通じて
人々の表情が豊かになってくれたらうれしい
資生堂カナダ
シニアの方々を対象とした美容セミナーを開催

11月9日@Momiji Health Care Society Scarborough

(左)資生堂カナダ社員とセミナーをサポートした美容スタッフの皆さん(右)お手入れを楽しむ社長の岡本さん

(左)資生堂カナダ社員とセミナーをサポートした美容スタッフの皆さん
(右)お手入れを楽しむ社長の岡本さん

丁寧なコミュニケーションで終始にこやかな雰囲気

丁寧なコミュニケーションで終始にこやかな雰囲気

2015年11月9日、多くの日本人・日系人のシニアの方々が生活をする“Momiji Health Care Society Scarborough”にて、資生堂カナダによる、QOL(クオリティー・オブ・ライフ=生活の質)の維持・向上をサポートすることを目的とした美容セミナーが開催された。資生堂グループはライフクオリティ事業の一環として、世界中でこの活動を行っており、カナダでは2010年より年に2回開催されている。
セミナーは同社の美容スタッフがシニアの方一人ひとりを丁寧にサポートしながら、メーク落としからスタート。ポイントメーキャップとベースメークの正しい落とし方がゆっくりと一人ひとりに伝えられた後、これからの季節の乾燥対策として、いかに化粧水・美容液・乳液などが大切かが伝えられ、昨年発売された同社の免疫アプローチ美容液、ULTIMUNEで肌の基礎力を高めるレクチャーが行われた。その後、今回のメーン、お肌の美容マッサージ方法が説明され、シニアの方々は笑顔で分かりやすく丁寧に説明するトレーナーの話に耳を傾け、時々「どうやればいいの?」とコミュニケーションを取りながら楽しんで取り組む姿が印象的だった。

資生堂カナダの岡本仁志社長は、「年に2回開催させていただいているこのイベントは基本的な美容の講習ですが、私どもの商品やサービスを通じ、皆さんの屈託の無い素晴らしい笑顔をいただける機会で、わたしたちの事業の原点を省みるとても良い場となっています。いつも大変楽しみにしていると言っていただけますが、むしろ、われわれの方が事業にとって大切な事を気づかされる大切な場となっています。」と語ってくれた。

セミナー終了後、参加されたシニアの方は「みんなとこうして一緒にスキンケアをすることで、若返った気がするし、周りの空気がきれいになったように感じる。主人に「きれいになったねー」って言ってほしいな。」「お肌の感じが全然違う。すっきりして気持ちが良い」「今日きれいにしたから、もう一週間顔を洗わない!(笑)と思えるくらい清々しい気持ち」と、笑顔で語ってくれ、次回もまた参加したいですかとの問いかけには回答いただいた方全員が、“はい”と即答してくれた。

カナダでSHISEIDOブランドのバイスプレジデントを務めるエレインさんは、「私どもは今後も日系コミュニティのサポートをしていきたいと思っていますし、このように貢献できるということをとてもうれしく思っています。ここでの活動はWellness Activityの一つとして資生堂のフィロソフィーを反映していると思いますし、参加してくださっている人の肌の健康にもつながっていると思っています。モミジ側からもシニア・アクティビティの一つとしてコミュニティ全体に喜ばれる活動の一つだと喜ばれています。このセミナーは年に2回行ってスタッフもボランティアとして参加しているのですが、日系コミュニティの為に頑張って下さった方々への恩返しという意味合いでもとても達成感を感じます。」と語ってくれた。

また同社でコーポレートプランニングを担うフェルナンドさんは、「このようなコミュニティ活動を行うことは、双方にとって得るものがあると思っています。より近くで皆さんの反応を見ることができますし、普段弊社の商品を使ってくださっている方にもそうでない方にも正しい使い方や効果を実感していただけるのがいいですね。特にこのセミナーは毎回参加していますが、皆さんに喜んでもらえてうれしいですし、楽しみに待っていて下さって光栄です。」と笑顔で語ってくれた。

今回トレーナーとなりセミナーを先導した西田智津子さんは「皆さんのニコニコした顔を見たり、帰り際に今度も楽しみにしていますね、と言ってもらえたりするのがとてもうれしいですね。女性というものは、いくつになってもきれいでいたいと思っています。私だってそうです。だから、本当に皆さんと共感し合えるのです。私は、資生堂で45年間働いてきて、他の方々と比べ、様々な化粧品を試す機会に恵まれ、またそういう環境にいました。だからこそ、皆さんに恩返しできるものがあります。また、資生堂が会社全体でこの活動を支えてくれているのが一番ありがたいです。」と語った。

他のスタッフ達からも「異なる世代の方々と接する機会はとても刺激的でとても楽しく感じています。彼女たち自身がスキンケアの仕方を一生懸命に学んでいる姿が本当にかわいらしくて、その姿を見ることも好きです」と明るい声が聞こえた。

“このイベントを仕事だと思って参加していない”、“きれいになるためのお手伝いができることがうれしい”と口を揃えて語る美容スタッフの皆さん。このようなイベントを通してシニアの方々と触れ合い、喜ばれる反応を直に感じることがさらなる美を追求するモチベーションに繋がっていくのだろう。お互いに楽しい時間を共有することで外見だけではなく、心もフレッシュできれいな気持ちになれる、そんな風に感じることができた美容セミナーだった。

最後に、美容スタッフの方にこの冬に向けてのスキンケアのアドバイスを伺った。「洗顔をきれいにしっかり行った上で、クリーム系のもので多めに保湿をすること。また、時間があるときは肌のマッサージなどエクストラのケアでよりハリのある肌を保つことを大切に」とのこと!本誌41ページでは資生堂ビューティーアドバイザーに聞く誌面美容カウンセリングコーナーがあるので、是非読んでみてください。